1. 名刺印刷のライオン名刺
  2. コラム一覧
  3. 名刺印刷
  4. レトロな印刷の名刺に関して

レトロな印刷の名刺に関して

column

レトロな印刷とは、オンデマンド印刷やオフセット印刷とは違い色を一色ずつ版画のように重ねて印刷する手法となります。 版画のように印刷をするからこそ昭和な雰囲気があるレトロな印刷に仕上げることが可能です。

名刺のレトロな印刷とはどのようなものなのか

最近の名刺印刷はラミネート加工が施されているものなど最新の技術が詰まったものも多いのですが、一昔前の紙とインクのみを使用したレトロな印刷で名刺を作ることが可能です。レトロな印刷といっても製造方法まで昔のままというわけではありません。

名刺作成方法はデータを使ったものなのですが出来上がった名刺は古い感覚が強いといったものが完成するのです。レトロな印刷はどの印刷会社でも作ってもらえるわけではありません。

しかし作成を引き受けてくれる印刷会社の大半が通常料金と大差ない、むしろ安い料金で作成を行ってくれるといった特徴があるため製作自体は簡単にできると言えます。無駄を省いて必要な情報だけを書き込みたい、煌びやかさは求めずシンプルに文字のみを目立つものにしたいなどといった方にとってはとても役立つサービスだと言えるのです。

レトロな印刷の名刺について

名刺作成時にレトロな風合いで仕上げてくれるレトロな印刷が人気です。通常の印刷はCMYK4色の組み合わせで色が再現されますが、レトロな印刷では、その混ぜ合わせを行わないのでレトロな風合いの印刷ができます。

均一の印刷にはない、印刷のずれ、カスレ、色むら、裏写りなどが起こるので独特の版画のような味わい深い印刷が出来上がります。普通の印刷にはない白インク、蛍光色、キッチュな色などが取り揃えられており、重ねると色が混ざったり、透けて見えたりとレトロな雰囲気を楽しむことが出来ます。

シルクスクリーンと同様に、1版1色で印刷をします。名刺の用紙は、わら半紙をはじめ、クラフト紙や画用紙、クロッキー帳、ノート用紙などの質感のものが多く用意されています。名刺だけでなく、イベントのチラシなどの注文をすることができ、リーズナブルな価格で人気を集めています。