名刺を作るには何が必要?

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺を作るには何が必要?column

名刺は全て自分、あるいは自社で用意することも可能です。しかし、デザイン性やコスト、ノウハウなどを考えると、デザイン会社や印刷会社へ依頼する方がよい名刺を用意するためには無難であるといえます。このように外部へ名刺作成の依頼をする際には、どのような点に注意すればよいでしょうか。以下、作成依頼の際に押さえておきたい5つの点について紹介していきます。

何枚必要なのかを考える

外部へ名刺作成の依頼をする際に考えておきたいのは、どのくらいの枚数を印刷するかという点です。コストを考えるのであれば、どの程度の名刺を配ることになるのかを把握しておきましょう。

名刺を切らしてしまうとせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうこともあるので、ある程度のストックは必ず確保しておきたいところです。しかし、ストックはあればあるほどよいというものでもありません。それほど名刺交換の機会が多くないのであれば、過剰な枚数の依頼はコストをいたずらに消費してしまうだけになります。ストックは確保しつつ、いずれ全て配るだろうストック数に留めておくことが大切なのです。

料金は印刷会社によって変わりますが、多くの場合は印刷枚数が多くなればなるほど1枚あたりの値段が安くなります。その場合は、全て同一デザインであることが条件です。100枚単位で値段設定をしているところのほとんどが、500枚や1,000枚、1,500枚と増えていくごとに1枚あたりの値段がお得になっていきます。それほど多くの枚数を配る予定がないのであれば少なめでも大丈夫ですが、かなりの枚数を配ることが予想されるのであれば大量発注することでコストを抑えることができます。

名刺に載せる情報を考える

デザインの出来にはノウハウが大きく関わってくるので、名刺作成はデザイン会社に発注することが多くなります。もしくは、フリーで活動しているデザイナーに依頼するケースもあります。このようにデザインのプロに作成を依頼することになりますが、全てをデザイン会社・デザイナー任せにするわけにはいきません。

名刺はビジネスマン同士の挨拶のためという以外に、ビジネスチャンスを大きく左右するツールでもあります。名刺が見やすく、載っている情報が記憶に残りやすいものであればあるほど、次のビジネスチャンスへとつながりやすくなります。そのため、どのような情報を載せるか、あるいは省くかといった取捨選択は依頼する側で行う必要があります。その際、デザインとの兼ね合いで情報の数や載せ方が制限される可能性があるので、デザイン会社・デザイナーとよく話し合うことが大切です。

名刺作成依頼の際にはコストを考慮する必要もありますが、ビジネスをより充実したものにするためには質のよい名刺を追求することも大切です。

デザイン会社を選ぶポイント

名刺作成をデザイン会社へ依頼する際は、さまざまなポイントを考慮して総合的に判断し、発注先を選ぶことが大切です。

名刺は一度に多くの枚数を印刷してもらうのが一般的なため、どうしてもコストを重視して考えがちです。もちろん、会社として名刺を用意するわけですから、コストも重要です。しかしコストのみで選んでしまうと、デザインの質が悪かったりアフターサービスがよくなかったりといった不都合が考えられます。

もちろん、コストが安くて品質もよいというデザイン会社は存在します。そういったデザイン会社を探すためには、実績を確認しましょう。多くの顧客が満足しているデザイン会社は、それだけの実績を持っています。

デザインの依頼先にも種類があります。デザイン会社へと依頼するのが一般的ですが、個人のデザイナーへ依頼することもできます。ほかにも、印刷会社がデザインも一手に引き受けている場合があり、そういった会社へ依頼すると手間が少なく済みます。どのケースにおいても、どう依頼すれば自社にとって最も大きなメリットとなるのか比較し、よく検討することが大切です。

印刷会社を選ぶポイント

デザイン会社を選ぶ際にはそれほど苦労しないかもしれませんが、印刷会社を選ぶ際にはいろいろと頭を悩ませるかもしれません。それは、印刷会社の種類がとても多いからです。

印刷会社を選ぶ際には、自社が求める品質を提供してくれそうなところを探すことがポイントです。印刷会社によって、安さを売りにしていたり、印刷品質を売りにしていたり、印刷用紙の豊富さを売りにしていたりとアピールポイントが異なります。また、リピート利用の際の条件も細かく異なっています。そのため、価格だけではなく諸条件についてもよく検討することが大切です。

デザイン、印刷にかかる時間を考慮する

名刺作成・印刷を依頼する際は、コストや品質などに注目することになりますが、依頼から納品までのスピードも考慮する必要があります。特に急を要するわけでなければ、それほど気にすることはないかもしれません。しかし、すぐにでも欲しい場合は、納品が早いところへ依頼しましょう。

デザインに関しては、内容にもよりますが、基本的には1週間前後の期間が必要です。既存のロゴマークやレイアウトを組み合わせるだけの簡単なものであれば、数日で完了できることもあります。逆に、ロゴマークやCIのデザインからデザイン会社へ依頼するのであれば、数週間を要することも考えられます。デザイン会社やデザイナーによっても納品のスピードは変わるので、事前によく確認しておきましょう。

印刷に関しては、基本的にどこの印刷会社でも早く済みます。印刷会社は競争が激しく、印刷技術やノウハウがどんどん発展してきているからです。枚数にもよりますが、通常は数日程度の納品だと考えておきましょう。なかには、発注したその日に納品というプランを用意している印刷会社もあります。ただ、印刷の納品は基本的に早いとはいっても、ゴールデンウィークや年末年始などの混み合う時期だとその限りではないので、やはり事前にしっかり確認することが大切です。

しっかり考えてサービスを選択

名刺作成を外部へ依頼する際は、上記5つのポイントを押さえて依頼内容・依頼先を考えることが大切です。外部へ依頼するのが一般的になっているからこそ、ほかより頭ひとつ抜きん出る名刺を作るためには、コストや品質、納品スピードなどを総合的に考慮する必要があるのです。