名刺はいつから使われているの?|名刺印刷・作成なら激安・格安通販のライオン名刺

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺はいつから使われているの?

名刺はいつから使われているの?column

社会人になると、企業を訪問した際に名刺交換を行う機会が頻繁に訪れます。交換の際の渡し方や受け取り方、収め方など基本的なマナーを知っておくのは当然のことといえます。なお、それ以外に知っておきたい豆知識のひとつとして“名刺の歴史”が挙げられます。社会人が当たり前のように行う名刺交換ですが、起源や名称の由来を知らない人は意外と多いかもしれません。起源はどこなのか、日本ではいつから使われるようになったのかなど、ここではそうした歴史についてご紹介します。

始まりは中国からだった!

社会人にとっては身近なものである名刺は、中国が発祥だといわれています。始まりは、中国のある皇帝が結婚する際に妻の父親へ自己紹介をする目的で“刺”に名前を書いたという説や、父親への取り次ぎを頼むためなどの複数の説があります。

7~10世紀ごろ、不在の訪問先に自分が訪問したことを伝える手段として使われていたのが名刺です。当時は紙がなかったことから、“刺”と呼ばれる木や竹の札に名前を記していました。 “めいし”というと、名前を記した紙ということで漢字にすると”名紙”となりそうですが、発祥の地中国で“刺”が使われていたことから“名刺”になったといわれています。

日本で使われるようになったのは19世紀から

日本では、19世紀の江戸時代から名刺が使われるようになりました。その当時は和紙に墨で名前を書き、不在の訪問先に自分が訪問したことを伝えるために使われていたといわれています。江戸時代末期になると、現在のような印刷されたものが使われるようになりました。江戸時代末期のものには、名前の上に紋所が記されていたといいます。つまり、その当時から現在のものに記されている役職のようなものがあったというわけです。江戸時代末期に使われていた理由は、来日した外国人と交流を深めるためだったといわれています。

現代の日本では、初めて会う営業先の人などと名刺交換を行います。頻繁に交換をする機会がある日本では、なんと全世界の名刺の70~80%が消費されているといわれています。名刺は、自己紹介や相手との交流を深めるために使われています。日本の名刺交換では、訪問者から先に渡す、両手で受け渡しをするなど細かくルールが決められています。

中国、ヨーロッパ、アメリカそれぞれで活用法が異なる

日本では19世紀から使われるようになった名刺ですが、それ以前から使われている国もあります。ここでは、名刺発祥の地中国を始め、ヨーロッパやアメリカではどの時期から使われているのか、どのような活用がされているのかなど、各国の名刺の歴史を紹介していきます。

・中国

名刺発祥の地である中国では、日本でのちにそう使用されるように、訪問先が不在のときに名刺が使われていたといわれています。その他の使われ方としては、官僚社会において地位の高い人との取り次ぎや、重要な会議に参加できないときの挨拶代わりとして使われていたとされています。現在では、上級管理職や貿易などのビジネスを行う人達の間で使われています。

・ヨーロッパ

ヨーロッパでの名刺の始まりは、16世紀のドイツからです。やはり訪問先が不在のときに使われていました。18世紀頃になると社交界では名刺の存在が大きなものとなり、華やかな装飾でデザイン性の優れたものが好まれていました。19世紀からは写真入りのものが誕生し、サイズの規定が決まるなど現在の形に近いものとなりました。

ヨーロッパでは、国によって名刺の活用方法が異なります。ドイツでは外国人の仕事相手に、イギリスでは社長などの役職の人達が集まるパーティーで、フランスでは管理職以上の人が付き合いの長くなる人に渡すのが一般的です。

・アメリカ

アメリカで名刺が使われ始めたのは18世紀頃からです。この当時は、資産家が社交のために使うものでした。アメリカでは、自分の名前や役職などを伝えるものではなく、自分や会社の宣伝のために使われている傾向があります。また、日本では商談前に渡すのが一般的ですが、アメリカでは商談後に渡すのが一般的です。商談後の交換にて、氏名や会社、役職などの最終確認を行います。

アメリカと日本の名刺交換にはほかにもさまざまな違いがあり、日本ほど厳しくないのが特徴です。例えば、日本では本人の前で名刺にメモ書きをした場合や、受け渡しの際に両手でない場合に失礼にあたります。しかしアメリカでは、メモ書きや片手での受け渡しはそれほど珍しくないことです。他にも、受け取った後にすぐポケットに入れるなどもアメリカではよくある光景です。

ビジネスに関する豆知識

初対面の人への挨拶や交流を深めるために用いられる名刺。7~10世紀頃に中国から始まり、ドイツやアメリカ、日本など世界各国に伝わっていきました。上述したように、使用が始まった時期は世界各国で異なり、また活用方法も異なっています。

名刺の歴史について知っている人は、それほど多くないかもしれません。これを機会に、豆知識の1つとして名刺の歴史について覚えておきましょう。