名刺にQRコードを載せるべき?

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺にQRコードを載せるべき?

名刺にQRコードを載せるべき?column

名刺は取引先との挨拶代わりになるという以外に、ビジネスチャンスを作り出す役割があります。デザインや記載している情報によって、受け取る側の印象が変わってくるからです。デザインに関しては目を引く色合いやレイアウトを意識することが大切であり、情報に関しては“わかりやすく”かつ“アクセスしたいと思える”載せ方を心がけることが大切です。そして、デザインと情報両方の要素を満たすことができるものに“QRコード”があります。では、QRコードを名刺に載せることにより、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。

QRコードとは?

QRコードとは、1994年に日本で開発された“二次元コード”の一種です。現在は携帯電話、スマートフォンのカメラ機能によりURLなどのデータを読み取れるコードとして定着しています。

二次元コードというのは、2方向へ情報が記録されているコードのことを指します。二次元コードに対し、一次元コードは1方向へ情報が記録されているコードのことです。その代表例はバーコードで、主に商品管理に利用されています。バーコードは太さの違うラインが重なってできており、この太さの組み合わせによって情報が記録されています。一方QRコードは、小さい四角形が縦横に並んでいます。縦と横の2方向に四角形の組み合わせがあるため、二次元コードと呼ばれているのです。二次元になるとそれだけ記録できる情報量が多くなるメリットがあり、QRコードであれば同じ面積の一次元コードの数十~数百倍に当たる情報量を記録できます。

QRコードのQRとはQuick Responseの略で、“素早く反応する”と訳せます。その名のとおり、QRコードはより早く情報を読み取るために開発され、現在は主にURLの情報を記録する・読み取るものとして使用されています。

広がっているQRコードの名刺利用

インターネットの普及により、会社が自社のウェブサイトを持つことは当たり前となりました。またSNSの普及により、顧客や潜在顧客へのアクセス・コミュニケーションが容易となり、インターネット上でのビジネスチャンスがさらに広がったといえます。名刺にも、ウェブサイトのURLやSNSのアカウントを記載するのが一般的となってきています。

そこで活躍するのが、QRコードです。QRコードは広く普及しており、スマートフォンなどのカメラ機能を利用して簡単に読み取れるようになっています。そのため、URLやアカウントよりもQRコードを記載する人が増えているのです。

また、QRコードの作成は容易です。自動作成してくれるフリーソフトをインターネットで入手できるので、自社で名刺をデザインする際も、デザイン会社へ発注する際もQRコードを簡単に用意することができます。フリーソフトだけではなく、ウェブブラウザ上で作業を行ってくれる無料サービスも存在します。

名刺にQRコードを記載するさまざまなメリット

QRコードの利便性は、名刺にさまざまなメリットをもたらします。以下、3つの代表的なメリットについて紹介していきます。

・手間がかからない

QRコードを名刺に記載するメリットといえば、なんといってもスマートフォンなどですぐさま情報にアクセスできる点にあります。名刺をもらった側は、その会社のウェブサイトを見たい、SNSでコンタクトを取りたいと思ったら名刺を頼りに情報を探すこととなります。その際、例えばウェブサイトのURLが記載されているだけだと、その打ち込みに手間がかかります。一方、QRコードであれば、カメラ機能で撮影するだけですぐにウェブサイトへアクセスすることができます。

こういった手軽さがあるため、QRコードがあれば名刺を渡す相手に「見てみたい」と思わせることができるのです。最初はそれほど興味がなかったとしても、URLの文字列が書いてあるよりはQRコードが記載されてあったほうが「とりあえず見てみよう」と思ってもらえるかもしれません。

・さまざまな名刺管理に対応

名刺は現在も、紙の名刺による交換が一般的です。しかし、最近ではスマートフォンなどを用いたデジタルな名刺の登場により、管理のためのスマートフォンアプリも多く登場しています。つまり、名刺管理の方法が多様化してきているといえます。

QRコードにはURLだけではなく、ほかにもさまざまな情報を記録することができます。この特性を用いて、QRコードを利用した名刺管理のアプリも開発されています。QRコードがあれば紙とデジタル両方の管理に対応できるのです。

・デザインに幅が生まれる

QRコードは小さいスペースに複数の情報を記録できるため、ただでさえ小さい名刺の面積に余裕を持たせることができます。そうすると、ほかの情報の記載が可能になったり、目を引くような印象的なデザインの工夫に幅が生まれ、よりビジネスチャンスを勝ち取りやすい名刺にすることが可能となります。

また、QRコードはサイズが決まっておらず、色も黒だけと決まっているわけではありません。そのためQRコード自体をデザインとして組み込み、目を引く名刺を作成することも可能となります。

QRコードを賢く活用

このように、名刺にQRコードを記載することには多くのメリットがあります。名刺への取り入れ方によってビジネスの広がり方にも大きく左右するので、QRコードを活用してみましょう。