納期に関する重要なお知らせ

台風19号の影響により一部地域に配送遅延の可能性がございます。

台風19号の影響による荷物のお届けについて (2019年10月10日)
  1. 名刺印刷のライオン名刺

印刷・断裁のズレについて

production guide

印刷・断裁のズレについてproduction guide

印刷・断裁の際に1~2mm程度のズレが生じることがあります。

印刷・断裁のズレについて

2mmまでのズレについては許容範囲とさせていただいております。

お客様からいただいたデータは仕上がりサイズの用紙に印刷するものではございません。

大きな紙にレイアウト(面付け)したものを印刷し、断裁機を使用して断裁いたします。

その工程で機械の誤差の範囲で若干のズレが生じてしまいます。

また、印刷する用紙や湿度・温度によってこのズレの範囲も差が出ます。

可能な限りズレを最小限に抑えるよう日々努力を重ねておりますが、

現在の当店では「2mmまでのズレについては許容範囲」とさせていただいております。

上記ズレが生じた際に可能な限りデザインを崩すことなくお届けできるよう、下記の2点を入稿データでの必須チェック項目としています。

ご入稿前にはぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

下記必須チェック項目をご確認ください。

入稿時 必須チェック項目

当店でのチェック項目は上記5点となります。

当チェック項目に不備があると「データ不備」となり、再入稿していただくことになりますのでご注意ください。

上記の必須項目以外にも入稿データで設定された様々な仕様によって、仕上がりイメージに差が出てしまう可能性もございます。

また、印刷の際にどうしても回避することができない仕様もございます。

可能な限りお客様のイメージ通りの仕上がりとなるよう、予めご確認いただきたい点を下記にご案内しております。

ぜひご一読ください。

印刷に関して知っておいていただきたいこと

  • 印刷・断裁のズレ

    制作の工程のなかで、片面で1mm程度、両面で2mm程度のズレが生じる場合があります。

  • 印刷の色ブレ

    同じ色でも、温度や湿度など微妙な環境の変化がインクの定着や発色に影響し、色がブレる場合があります。

  • データのカラーモード

    CMYKにて印刷されます。RGBや特色で設定されたデータの場合は画面と出力の色が大きく異る場合があります。

  • ブラックの印刷

    黒はK値のみで設定されることをおすすめします、CMYKを混ぜたリッチブラックの場合は色ズレや色移りが生じる場合があります。

  • 特殊効果・透明効果について

    透過・ドロップシャドウ・ぼかし・スウォッチパターン等の特殊効果を使用した場合、印刷に不具合が発生します。

  • 繊細なデザインの印刷表現について

    同系色でお色味の差があまり無いデザインは、印刷に反映されない場合があります。

データ作成のポイント

  • 特色(スポットカラー)

    特色は印刷の際にCMYKのプロセスカラーに変換されるため、色が変わる場合があります。

  • 文字の塗り設定

    テキストフォントの塗り設定がグラデーションになっていると、アウトライン後に文字がグラデーションになってしまいます。

  • ラスタライズについて

    特殊効果を使用したデータをラスタライズした場合、印刷に不具合が生じます。

  • 裏写り(色移り)ついて

    用紙の性質や印刷工程上で局部的な圧力が加わったり、断裁時に発生する減少で完全に防ぐことはできませんが、軽減するデザインはあります。

入稿時必須チェック項目

ライオン名刺では「入稿時必須チェック項目」をもとに入稿データのチェックを行います。
当チェック項目に不備があると「データ不備」となり、再入稿していただくことになりますのでご注意ください。

上記の必須項目以外にも入稿データで設定された様々な仕様によって、仕上がりイメージに差が出てしまう可能性もございます。
また、印刷の際にどうしても回避することができない仕様もございます。

可能な限りお客様のイメージ通りの仕上がりとなるよう、あらかじめご確認いただきたい点を下記にご案内しておりますので、ぜひご一読ください。

  • 印刷に関して知っておいていただきたいこと

    • 印刷・断裁のズレ

      製作の工程のなかで、片面で1mm程度、両面で2mm程度のズレが生じる場合があります。

    • 印刷の色ブレ

      同じ色でも、温度や湿度など微妙な環境の変化がインクの定着や発色に影響し、色がブレる場合があります。

    • データのカラーモード

      CMYKにて印刷されます。RGBや特色で設定されたデータの場合は画面と出力の色が大きく異る場合があります。

    • ブラックの印刷

      CMYKを混ぜたリッチブラックの場合は色ズレや色移りが生じる場合があるため、ブラックはK値のみで設定されることをおすすめします。

    • 特殊効果・透明効果について

      透過・ドロップシャドウ・ぼかし・スウォッチパターン等の特殊効果を使用した場合、印刷に不具合が発生します。

    • 繊細なデザインの印刷表現について

      同系色でお色味の差があまり無いデザインは、印刷に反映されない場合があります。

  • データ作成のポイント

    • 特色(スポットカラー)

      特色は印刷の際にCMYKのプロセスカラーに変換されるため、色が変わる場合があります。

    • 文字の塗り設定

      テキストフォントの塗り設定がグラデーションになっていると、アウトライン後に文字がグラデーションになってしまいます。

    • ラスタライズについて

      特殊効果を使用したデータをラスタライズした場合、印刷に不具合が生じます。

    • 裏移り(色移り)とブロッキング

      用紙の性質や印刷工程上で局部的な圧力が加わったり、断裁時に発生する減少で完全に防ぐことはできませんが、軽減するデザインはあります。