受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

激安の名刺を作成する際に注意するポイント

激安の名刺を作成する際に注意するポイント

激安の名刺を作成する際に注意するポイント

内容を決めて名刺を激安で作成する



近年コンピューターを利用して名刺の作成を行っていくこともありますが、印刷業者でも激安と銘打って作成を行っているところもあります。注文方法も非常に簡単で、サイズやロット数だけでなく、使用する用紙なども価格を見ながら決めていくことができます。タッチ方式で注文を行うことができるため、商品選択でも悩むことなく進めていくことができます。業者でもクオリティーの高いものを作り上げています。

作成する中で記載する要素を考えなければなりませんが、代表的なのが企業名や屋号、ロゴや自分の名前や肩書などを記載することになります。住所や名前はふりがなを振っていくこともありますが、ローマ字やひらがななど選ぶポイントが色々とあります。連絡方法も電話番号やファックス番号などだけでなく、メールアドレスやホームページを所有していればURLを記載することになります。それぞれレイアウトを決めていきながら、ベストな名刺を作り上げていくことになります。しかしバランスを間違えてしまったり、記載しなければならない項目を入れていない状態だと、コストだけがかかってしまうこともあります。

文字の大小や強弱を付けていきながら、見やすさや伝わりやすさを強調できるようにしなければなりません。優先順位としてロゴや社名、そして個人名が一番記載しなければならない項目です。ある程度バランスも整ってきたところで、フォントの種類を決めていったり、ベストなサイズを考えていくことになります。太すぎるフォントになってしまうと、印象がどうしても悪くなってしまいます。注意したいのがコミカルなフォントにしないようにすることです。ポップな印象を持つとビジネスではマイナスに働いてしまいます。そこで、遊び心を感じるフォントを利用しないで、ビジネスで多く活用されているゴシック体や明朝体を利用して作成していくようにするといいでしょう。



余白を意識して印刷を依頼する



今後使っていく名刺をパソコンで作成している業者なども少なくありません。その内容を電子データとして業者へ送って形になることがあります。電子データとして作成していく中で、デザインについて気をつけなければなりません。

ついついデザインにこだわりすぎてしまい、余計な情報まで詰め込んでしまうのは危険です。そこで気をつけたいのが余白量です。何もないスペースとして空白の状態としていますが、意味をしっかりと持たせていくことが重要です。隅の余白をある程度増やしていき、版面率を調整していきながら作り出していきます。次に版面率もチェックしていきますが、これは全体に占める文字や写真などの比率になります。計算していきながら、印象を変えていくように調整していくといいでしょう。周囲に余白を作っていければ、内容を目立たせていくことが可能です。

完成したデータについて業者へ送付することになりますが、ここで不備がないようにしましょう。業者も不備をチェックして見つからなかった場合は、そこで注文を完了として印刷へと進みます。料金の支払いですが、決済方法が色々ある業者でしたらこちらの希望する支払い方法が選択できる場合があります。メインは銀行振り込みのところが多くありますが、クレジットカード決済や代金引き換えに対応している業者もあります。連絡を受けたら代金を振り込みます。

他の決済方法であっても、印刷や発送する準備に進んでいきます。しかし不備がデータであった場合は、もう一回データを入稿しなければなりません。連絡を受けてから修正を行い、再度データを入稿する手続きを行います。その時間もかかってしまいますので、余裕を持って対応をしていくようにしましょう。



印刷を行う際にベストな業者を決める



色々な名刺を作成している業者の中で、本当に激安と謳っていて信頼が持てるところを探さなければなりません。その中でコストを掛けずにベストな対応を行っている業者を選択することが重要です。

まずは業者のこれまでの実績をチェックしていきます。依頼をする時に品質が紙質などで劣っているようならば、実績としてもマイナスになってしまいます。実績からデザインのバリエーションも豊富になっているので、信頼して発注することができます。高品質でクオリティーが高い状態でもらうことができるため、信頼を他の顧客からも受けています。次に、印刷を行った時に料金が安いという点をチェックします。いくら激安でもサービス料などが加わっていくと高額になってしまうこともあります。節約を考えながら発注していく企業も増えています。しかしクオリティーを考えながら発注しなければ、時にはコストだけかかってしまうこともあります。最後に、納品がとにかく早い業者を選択することも重要視しておきましょう。そもそも名刺というのは、ビジネスで活用していくアイテムとなっています。必要なシチュエーションで用意できなければ、その時点で仕事が遅れてしまうことが考えられます。そのため、発注から納品までの時間が短い業者でしたら、その点も叶えてくれます。短時間であれば、発注からビジネスを始めても間に合うため、安心して経営を進めていくことができるでしょう。このように、選ぶポイントをクリアしていきながら、ベストな名刺を作成してくれる業者を見極めていきましょう。

激安と紹介している業者は数多くあるので、資料請求などを行いながら検討するとより良い業者が見つかる場合があります。


オリジナルの名刺作成  【価格表・お支払い】