受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺印刷を即日でしてくれる印刷メーカーはあるのか

名刺印刷を即日でしてくれる印刷メーカーはあるのか

名刺印刷を即日でしてくれる印刷メーカーはあるのか

名刺はビジネスシーンで必須アイテム



名刺は仕事の中でとても大事な道具の一つです。挨拶の場面では必ず出しますし、名刺を介して会話が保たれるということもあります。アイスブレーキングの要素も持っており、名刺を見ながら自己紹介をしつつ簡単な会話をすることで面接や商談がスムーズに運ぶこともあるその日の成果を決める大事な要素の一つなのです。

最近では印刷技術も進化しており、昔のような名刺だけでなくオリジナリティーのある名刺を簡単に作ることができるようになっています。そのため、人によっては会社から支給される名刺だけでなくオリジナルのものを作成しておいて、仕事以外の場面で渡すという人もいます。社外の人たちとの交流の場面では、このようなオリジナルの名刺はとても便利なものであり、人脈を広げるチャンスになったり、新たなビジネスチャンスとなったりすることもあります。

名刺を持つことは、相手へのメリットだけでなく自分自身にとってもメリットがあります。名刺を持つことによって会社に所属しているという帰属意識も芽生えますし、仕事に対しての気持ちの持ち方も変わるのです。会社の代表であるという意識が生まれるので、責任ある仕事をこなすことができるのです。

ペーパーレス社会になり、会議資料や稟議書といったものはどんどん紙を介さず社内のクラウドサービスを活用して行われることが増えています。確かに、クラウドを活用することで、タブレットにすべての資料を入れられたり、コンパクトに持ち運べたり、資源の無駄が減らせたりとメリットはたくさんあります。その流れで名刺もペーパレス化によってSNSのアカウントを交換するような風潮がありました。しかし、すべての世代が対応できるわけではなく、なおかつ会話も弾まないため、やはり名刺は残すべき文化だとして今でも残っています。



オリジナルの名刺を作る



会社から支給される名刺だけでなく、オリジナルで名刺を作成していると色々な場面で活用できます。社外の人たちとの交流場面で、フランクな付き合いをしたいと思った場合には会社の名刺では少し堅苦しくなってしまいます。そこで、オリジナルの名刺を出すことで堅苦しくなく気軽に名刺のやりとりができます。また、連絡先の交換においても、その場で連絡先を書いて渡したり、スマホ同士を出してやりとりしたりするよりも簡単になおかつスマートに連絡先を伝えられます。

また、最近では仕事の選択肢が増えており、フリーランスで活動する人も増えています。フリーランスの人は仕事をする際にどこかに所属しているわけではないので、名刺も自分で作成する必要があります。そこで、せっかくならば個性のある名刺を作成すれば仕事にも良い効果が得られます。

オリジナルの名刺を作成するという際には、自分で作るのが今までは一般的でした。最近では自宅での印刷もプリンター技術が向上していますし、名刺作成のツールも増えています。そのため自宅でも簡単に作れるようになったためです。しかし、やはりインクジェットプリンターの仕上がりというのは印刷業者が作るようなレーザープリンターのものとは異なります。にじむこともありますし、仕上がりが不鮮明なこともあるのです。

そこで、利用したいのがプロの名刺印刷です。プロに依頼をすると、たくさんあるフォーマットの中から自分のイメージするデザインを選ぶことができます。さらに、紙の材質や色といった部分まで指定ができるので世界に一枚の名刺を作れるのです。



名刺印刷をすぐに行ってくれるメーカー



名刺は大事なビジネスツールです。もしも、商談や視察の際に名刺を持ってないとなると恥ずかしい思いをするだけでなくビジネスチャンスを失うことにもなりかねません。名刺を忘れてくるのは注意散漫であるとみなされますし、名刺を切らしていることに当日気付くというのは準備不足であると思われても仕方のないことです。

万が一、前日に名刺の不足に気づいた場合には、即日印刷をしてくれるメーカーに依頼をすれば間に合わせることができます。このような即日印刷に対応してくれるメーカーは限りがありますが、都内を中心に何店舗か営業をしています。例えば、平日の17時までに申し込みをすれば当日の引き取りができるといったところでは、翌日の商談には間に合わせることができるのです。

もちろん、都内に住んでいないから間に合わないということを不安視する人もいるでしょうし、仕事が終わってからでは受付時間に間に合わないという人もいるでしょう。そのような人のために、インターネットでの受付をしているところもあります。店舗での受け取りの場合には、名刺印刷のスピードをスピード印刷にすればプラス料金は加算されますが最短1時間で仕上げてもらえます。インターネットの場合には、即日発送がかけられるので、最短で翌日の午前中には受け取ることができます。

もちろん、スピード印刷だからといって通常の印刷物よりも劣っているようなことはありません。手元にある名刺を複製したり、デザインを選んで注文をしたりと名刺のデザインも選べてなおかつリーズナブルに作ることができます。大事なビジネスシーンで失敗をしないためにも、即日の名刺印刷サービスはぜひ知っておきたいサービスです。



最短即日発送OK!    【配送・納期】