受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺作成を業者に依頼して理想の名刺を作ろう

名刺作成を業者に依頼して理想の名刺を作ろう

名刺作成を業者に依頼して理想の名刺を作ろう

名刺によって得られる効果



会社勤めをしているビジネスマンであれば名刺を持っていない方は殆どいないと言っていい程、名刺はビジネスの場にとっての必須アイテムですまた、個人事業主であっても名刺を持っている方が殆どです。なぜこれほどまでにビジネスの場で名刺が用いられているのでしょうか。その答えはごくシンプルで、名刺はとても身近な販促物なのです。名刺には社名に始まり、自分の名前や連絡先、部署名などが記載されています。名刺によっては自分の会社でどんなサービスを行っているかなどが書かれていることや、顔写真やQRコードが載っていることもあります。ここまで書かれているともう十分広告と同じ効果があります。

営業をされている方は一日に何人も、時には何十人という方とお会いしたりすることがありますが、その中でいかにして自分の会社や自分を印象付けるかというのは難しいものです。その場でどんなに良いプレゼンをしたり、営業トークをしたりしても後へと続かなければ意味がありません。その橋渡しの一端を担ってくれる役目も名刺にはあります。

中には営業職を任されたものの、実はトークや自己アピールが苦手という方もいらっしゃると思います。そんな時には名刺を有効に使うことによってその苦手部分を補うことだって出来るのです。

近年、異業種交流会や名刺の交換会といったイベントも多く開催されるようになっています。このイベントの目的は情報収集であることもありますが、新たな人脈を作ることによってビジネスチャンスへと繋げることなどがあります。ここでも当然名刺が活躍することになり、自分のアピール力といかに人を惹きつけることの出来る名刺を持っているかが成功のカギを握っていると言えるのです。



オリジナル名刺で差別化をはかる



名刺はシンプルな方がいい、そう考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、先に述べましたように名刺は販促物の一つです。街頭で配布されているティッシュやチラシのように受け取りを拒まれるようなことは殆どありませんし、ぞんざいな扱いを受けることもありません。であれば、もっと名刺を有効に使って自分や会社をアピールすることで、よりビジネスを確実なものへ導くことが出来る可能性があるのではないでしょうか。

ビジネスマンの方は会社の規定の名刺があるので難しいことかもしれませんが、個人事業主の方やビジネスマンでもある程度自由度の高い名刺作成を許されている方であれば、他者と差別化をはかってより印象に残る名刺を作るべきです。

たまたま印象に残った一枚の名刺によって新たな取引先として選ばれた、重要な企業との契約を貰えるようになったという話もよく聞かれます。一日に沢山の人とお会いしたことで情報が混在してしまったけれど、名刺のお陰で整理することが出来た経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

アイディア次第で名刺が持つ可能性は広がっていきます。是非オリジナリティ溢れる勝負名刺でチャンスを掴んで下さい。



名刺を作成するには



では、このような個性的なものや魅力的な名刺を作ろうと思った場合はどのようにすれば良いのでしょうか。パソコンを使ってプリンターを使用して自分で印刷をするという方法もとれますが、プリンターの環境によっては綺麗に印刷を出来ないこともあります。また、個性を出す為にオーソドックスな名刺サイズではなく変形タイプのものを作ろうと思ったり、名刺に加工を施そうと思ったりしても自分でするのには限界があります。

そこでプロの業者に依頼するという方法があります。インターネットで検索をすると沢山の名刺作成をしている業者が見つかります。自分でパソコンを使って一からデザインをし、それを印刷してもらう方法や、そのようなデザインなどは苦手という方に向けては既製のデザインを選び、名前などの必要事項を別途入力することで後はデザイン通りの名刺を作ってもらうという方法もあります。当然ながら用紙の種類も豊富にあるので質感や色合いなど細かな要望にも応えてもらうことが可能です。

そして何といっても名刺作成を業者にお任せした場合の最大のメリットは、特殊な加工もしてもらえるということです。自宅のプリンターで印刷をした場合は普通に用紙に印刷をしたのみになりますが、業者は印刷のプロですので金型を使用してデコレーション加工をしたり、エンボス加工をしたり紙の光沢を消すような加工なども可能です。これらによってさらに個性的な名刺を持つことが出来ます。

印刷枚数も少ない枚数からも受け付けてくれるところも多いので、何パターンかの名刺を用意しておいてその場の雰囲気や自分の直感に応じて使い分けるということも戦略の一つではないでしょうか。お急ぎでの印刷も受け付けて貰えたり、既に社名などが印刷されている規定の用紙に名前などを追加で印刷して欲しいなどの特殊なケースに対応してくれたりするところもありますので、名刺作成を依頼したい業者が見つかった場合は相談してみることをおすすめします。


名刺用紙が種類豊富です 【名刺用紙一覧】