受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺デザインのポイントやアプリのように簡単に注文する方法

名刺デザインのポイントやアプリのように簡単に注文する方法

名刺デザインのポイントやアプリのように簡単に注文する方法

名刺のデザインで失敗しない方法



名刺に限らずですが、デザインに関しての知識がない場合、どのように考えたらいいのか分からなくて困っている人もいるのではないでしょうか。知識がない人にとっては難しく思いますが、最低限の知識があれば誰でもまとまったデザインで完成させることが可能です。特に自分でレイアウトなどを考えたい人のためにもこのサイトでは失敗しないためのちょっとしたコツについて話します。

まず、1つ目に考えたいポイントは要素の優先順位です。一般的に使われる要素としては社名、ロゴ、肩書き、個人名、フリガナ、住所、電話番号、メールアドレスなどが使用されています。これらの要素は並列に扱うのではなく、強弱をつけることで見やすく、伝わりやすくなると言われています。要素に関してはここで説明したものが全てではなく、それぞれ人や会社によって異なりますが、優先順位としては、ロゴ、社名、個人名、肩書き、連絡先などの順番になっています。また、要素の優先順位は仕事内容によっても変わることがあるので、それぞれどれを優先させたらいいのか考えながら選んでいくといいでしょう。

続いて2つ目はフォントサイズや配置を決めることです。意識したいポイントとしては2つほどありますが、まずは目立たせたい要素は他よりも大きくして周りに余白を持たせることです。全ての要素を同じフォントサイズで揃えてしまうと印象も薄くなりますし、読みづらくなります。読んでもらえなければ自分のことを理解してもらえなくなるので、そうならないためにも目立たせる部分は大きく、余白も持たせて読みやすくすることがポイントです。もう一つとしては、要素をグルーピングしてまとめることです。例えば住所やアドレス、電話番号、ファックス番号などは似た要素になるので、同じフォントサイズでグルーピングするとまとまりもあっていいでしょう。しかし、グルーピングとは言え、くっつき過ぎたり行間がない場合は読みづらいので、行間や字間は空けるようにしましょう。

それから3つ目として、使用するフォントは絞ることが挙げられます。使用することができるフォントは何種類もあります。ただし、色々なフォントを使ってしまうと、ごちゃごちゃした印象になってしまうので、なるべく一種類程度に絞ることが基本です。また、なるべくメインに使用するフォントは変わったフォントではなく、ゴシック体や明朝体などを使用して見やすくすることがポイントです。

最後に4つ目のポイントは文字を大きくしすぎたり、小さくしすぎたりさせないことです。文字の大きさは強弱をつけることが大切ですが、オーバーに大きさを変えるのはバランスを悪くしてしまいます。また、人によっては小さすぎる文字が読めない場合もあるので、最低でも6ポイントにし、それ以下のサイズにはしないようにしましょう。また、大きくしても20ポイント程度にし、それ以上はバランスを悪くするので避けるようにしましょう。



様々な種類の加工方法について



名刺を作成する時には専門的に作成している業者に依頼する人も多いかと思いますが、せっかく依頼をするなら加工についても考えるといいでしょう。では、業者に依頼するとどんな加工があるのかについて紹介します。

まず1つ目は角丸加工です。これは名刺の角に丸みを持たせる加工です。尖っていないので、柔らかい印象を与えるのが特徴です。また、ケガ防止にもつながるので好印象です。

続いて2つ目はデコレーション加工ですが、これは箔押し加工やエンボス加工を行う方法です。高級感のある名刺の作成が可能なので人気を集めています。

それから3つ目はミシン目加工ですが、これは紙の端から端まで貫通するミシン目です。手でミシン目部分を破れば綺麗に切ることができるので、例えばクーポン券などをつけたりなどお店などで人気のタイプの加工方法です。

その他にも4つ目として点字の加工がありますが、これはその名の通り点字をつけることができる加工です。視覚に障害を持っている方にも渡すことができる名刺で、幅広い場所で対応できるタイプなので人気を集めています。このように、いくつか加工オプションについて話しましたが、現在では様々な加工が対応可能です。他とは違う名刺に仕上げたいと思う方は加工オプションについて検討するといいでしょう。



名刺を手軽に作成しよう



名刺は専門業者に依頼すれば簡単に注文することができますが、その中でも手軽な方法としてはアプリのようにスマホから簡単に注文できるオンデマンド印刷です。現在ではスマートフォンが流行しており、スマートフォンがあればインターネット閲覧も可能です。

アプリを触る感覚で名刺を作成することができ、注文を完了させれば指定したところに送られてきます。アプリのように手軽に注文することができるのはオンデマンド印刷だけなので、例えば仕事が忙しくてなかなか注文できないという方はオンデマンド印刷について検討するといいでしょう。



様々な名刺加工が可能! 【名刺加工オプション】