名刺を自作のデザインのもので作ることはできるのかについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺を自作のデザインのもので作ることはできるのかcolumn

名刺を自作のデザインのもので作ることはできるのか

名刺はとても便利なもの


名刺は多くのビジネスシーンで当然のように受け渡しが行われています。日々のやり取りの中でなし崩しなものになりがちですがとても有能なビジネスツールです。上手に使いこなすことができれば、自分のキャラクターや仕事の内容、特性をしっかりと印象づけて次につなげることができます。もしも、商談やプレゼンではうまく話せずに仕事をもらうことができなかったとしても、受け渡しを丁寧に礼儀正しく行うことができていれば、それだけでも次につながるチャンスをもらうこともあります。名刺を見返すことで自分のことを思い出してもらうためにも、渡すものにオリジナリティーを出すことができればより印象を深いものにすることができます。
特に、最近では仕事のしかたが多様化しており、フリーランスで活動をしている人もたくさんいます。そのような人にとっては名刺の内容がこの後の仕事を大きく決めることにもなりかねません。見返してもらえるような個性のあるものを作成したり、自分を思い出してもらえる工夫をしたり、自分のセールスポイントを盛り込んだりすれば、それだけで自分の売り込みができるとても貴重な広告宣伝ツールにもなります。
ビジネスマンでも同様です。ビジネスマンも仕事を常にうまく進めるためには社外にも色々なネットワークが必要になります。最近では人脈を作るために異業種の勉強会に参加をしたり、取引先のゴルフコンペに参加をしたりと色々な会社の人と交流できる機会を設けたりしている人もたくさんいます。そのような場面で、仕事の名刺を出すのではなく、自作のオリジナル名刺を出す方がフランクな付き合いができますし、堅苦しくなく話をすることができるので逆にビジネスチャンスも広げやすいです。

自作のものはデザインもできる


最近では印刷技術が進化していますし、パソコンも個人でも色々と作ることができる人が増えています。そのために、自作の名刺を作ろうと思えば自分でデザインから印刷まで全てを行うこともできます。作成キットもあるので、フォーマットを用いて文字情報だけ自分で入れて作るということも可能です。しかし、家庭用のプリンターで作成するとなると印刷がインクジェットのものが多く、にじんだり汚れが出たりということも多いです。時間に余裕があるときには、自作をしても余分に作る余裕がありますが、時間がないときには作成に手間はかけたくないですし、失敗が続いて道具が不足したり時間が足りなくなったりすると名刺を持たずに人に会わなければならないような状態になってしまいます。時間やお金のロスにもなりますし、ビジネスチャンスを失うことにもなりますから、このようなことは避けたいものです。
そこで利用したいのがプロの印刷メーカーに依頼しての作成です。プロに依頼をすれば高性能な業務用プリンターでの印刷がされるので仕上がりがとても美しいです。また、デザインについても色々なものがあり、色を変えたり少しのデザイン調整も可能です。そのため、世界にひとつだけの自作のものを作ることができます。完全にオリジナルにすることもできますし、既存のデザインにアレンジを加えたり場合によっては既存のデザインをそのままにして作ることもできます。デザインのサンプルもたくさんありますし、文字フォントも複数ありますから、フォーマットをそのまま使っても滅多なことがない限り人と同じことはありません。

せっかくならば人とは違うオリジナリティーを


プロに作成を依頼することにより、素人が作れるよりも名刺の範囲は無限に広がるといっても過言ではありません。取り扱っている紙質も色々ありますから、色のついたものや和紙のような特殊な紙を使うこともできます。手触りが普段のものと違うだけでも相手に与える印象が大幅に変わりますし、その日の話の内容も自分のことも覚えてもらいやすくなります。
他にもシンプルなことで言えば、顔写真を掲載するだけでも効果は大きく変わります。視覚情報と文字情報の両面から自分のことを覚えてもらうことができるので印象が残りやすくなるのです。また、見返すたびに自分の顔写真を見てもらうことになるので、記憶の中に長く残りやすくそうなると自然と自分の印象を好印象にしてもらうことができるという心理効果も得られます。
最近では小ロットでの印刷も対応できるようになっているので、いろいろなタイプのものを配ってリアクションの良いものを本格的に使うようにすることもできます。季節感のあるものを作って季節に応じて配り分けてみたり、様々なタイプを作って裏面に自己紹介の記載事項を変えたりという工夫をすれば、会うたびに渡しても嫌悪感がないですし、楽しみとしてもらうこともできます。ビジネスシーンでありながら少しの遊び心を入れて作ることができるのが自作名刺の良いところです。仕事だからと堅苦しく考えず、それなりに自分らしさや面白さを盛り込んで、自分という人間をより深く知ってもらえるツールとして作ってみましょう。