受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の豆知識と用紙の種類について

名刺の豆知識と用紙の種類について

名刺の豆知識と用紙の種類について


オンデマンド印刷が選ばれている理由について



従来は印刷と言えばオフセット印刷が主流でした。しかし、現在ではオフセット印刷だけではなく、オンデマンド印刷が登場しているため2大主流となっており、どちらを選べばいいか迷う人もいます。しかし、その中でも近年ではオンデマンド印刷を選んで名刺を作成する人たちは増えています。なぜたくさんの人たちに選ばれているのでしょうか。ここではオンデマンド印刷が選ばれている理由とは何かについて紹介します。

まず、1つ目に選ばれている理由としては顧客の幅が増えたからです。基本的にオフセット印刷の場合は大ロットで注文するのが一般的でした。その為大ロットが必要ない個人の顧客は注文しない傾向にありましたが、オンデマンドなら少ない部数から注文することが可能です。その為、個人の顧客でも簡単に注文することができるようになっているため、多くの人がオンデマンドで名刺を作成しています。

続いて2つ目は発注から印刷までの早さも人気の理由として挙げられます。従来の印刷方法は発注してからある程度期間が必要になるのが一般的でしたが、オンデマンドの場合は発注したら数日程で完成することがほとんどです。時間がかからないので急ぎの注文でも対応してくれます。なるべく早く印刷したいという方は発注から印刷までが早いオンデマンドを選択するといいでしょう。

それから3つ目は内容の差し替えにも素早く対応してもらえることです。基本的に従来の印刷方法では急な内容の差し替えはできませんでした。しかし、オンデマンドでは内容の差し替えが比較的簡単なため、その時に必要な分だけを印刷して、修正を要したらまた必要な分だけ再び印刷するということができます。内容の差し替えにも素早い対応ができるので魅力的です。このように、オンデマンドが選ばれている理由について説明をしましたが、他の印刷方法では出来ない魅力が色々存在しています。どちらか迷っている人は特徴などもチェックしながら好みの方を選ぶといいでしょう。



名刺作成はこだわった方がいいのか?



名刺作成は名前を入れたり、その他必要な情報を入れて作り上げていきますが、中には必要な情報だけがあればいいとそれほどこだわらない人も多いのではないでしょうか。しかし、特にビジネスシーンなどではこだわって作成をした方がいいでしょう。ここではどのようにこだわればいいのかわからない方に向けて作成のポイントについて述べます。

まず1つ目に大切なのがプロフィール写真にこだわることです。近年では名刺に写真を入れる人たちも増えています。しかし、写真を入れるだけで写真にこだわっていない人が多いのでできる限りこだわって作成した方がいいです。プロフィール写真のポイントとしては出来ればプロに撮影をしてもらって自分では撮れないような写真に仕上げることがポイントです。予算がない場合はスマホでもデジカメでも何度も撮って、十分に良いと思えるような写真を手に入れることが大切です。それほど印象が変わる部分になるのでできる限りこだわった方がいいです。

続いて2つ目は資格などがある場合は記載を忘れないようにしましょう。資格はあればあるだけ記載しておいた方が仕事で役立つ可能性があります。せっかく資格があるのに記載しないのはもったいないので、名前の下などに記載をするといいです。

それから3つ目に大切なのが主力商品をしっかりと説明することです。特に名刺を渡して興味がある方はどんな会社なのか、どんな商品を販売しているのかを知りたいと思う方が多いです。興味があるのに商品を説明しないと意味がないので、できる限り名刺にも主力商品は載せ、すぐに理解してもらえる状態にしておくといいです。このように、いくつか作成のポイントについて説明しましたが、名刺は細かいところまでこだわらないともったいないです。特にビジネスシーンで仕事を獲得したいという場合などは何を記載するといいか明確にしてから作成するようにしましょう。



用紙の種類と選び方



名刺の用紙は一種類ではなく様々なタイプが存在しています。ではここでは一般的に選ばれている用紙の種類について説明します。

まず1つ目はコート紙です。これは表面に光沢のある紙で触った時に吸い付くようなペタっとした感触があります。それほど高価な用紙ではないのでリーズナブルな価格で作成することができます。

続いて2つ目はマット紙です。これはコート紙とは違い光沢が出ないようにつや消しがされた用紙です。クールな印象を持たれることが多く、デザイン性にも優れているので人気です。

その他にも3つ目はスタンダード紙が存在しています。これはざらついた質感のある紙で名刺のほとんどはスタンダード紙が使われています。種類について説明しましたが、細かく説明するとまだまだたくさんの種類が存在しています。用紙の種類で印象も変えられるので、どんな用紙を選ぶかもこだわった方がいいでしょう。