受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の色は相手の印象を決める重要なポイント

名刺の色は相手の印象を決める重要なポイント

名刺の色は相手の印象を決める重要なポイント

名刺は色の使い方が大切


自分の身分を証明するために欠かすことができないのが名刺です。デザインやレイアウトなどによって印象が異なりますので、作成時にはしっかりと検討をする事が大切です。名刺のクオリティーで、会社のクオリティーを判断される事も少なくありませんので、ある程度きちんとしたものを作らないと、仕事が取れなくなる可能性もあるでしょう。
クオリティーを左右する1つのポイントが、色の使い方です。モノクロでももちろんおしゃれなタイプはありますが、カラーを上手に使っているタイプの場合、より相手に会社の印象を伝える事が可能です。落ち着いたテイストなのか、それとも派手なテイストなのか、会社によって異なるかと思いますが、カラーの力を使う事で、どのような会社なのか、深層心理に働きかけることができるようになるでしょう。
使い方がよく分からないという場合は、テンプレートなどを打ち出している企業に依頼するというのも1つの方法です。場合によっては、相談に乗って貰える場合もありますので、会社のイメージなどをしっかりと伝えて、作成をしていくと良いでしょう。使い方1つで、会社全体のイメージを大きく変えることとなりますので、非常におすすめです。
もちろん、カラーのタイプだけが全てではありません。モノクロでも、デザイン1つで印象は大きく変わります。一口にモノクロと言っても、濃淡の違いで相手に与える印象も大きく異なりますので、こちらも、色の使い方の1つと言っても過言では無いでしょう。
このように、名刺のカラーは非常に重要な判断材料となりますので、色々と検討をしてみて、どの様なデザインやレイアウトが映えるのかを考えて作る事をおすすめします。始めての場合は特に、色々と検討して見て下さい。

名刺は印刷の質が重要


名刺の色使いを考える際には、自分がイメージしているカラーが出力されているかどうかも非常に重要なポイントです。せっかく素敵なカラーリングになっても、いざ印刷をしたときに、思った通りの色合いが出ていなかったら、台無しと言えるでしょう。作成する際には必ず、思った通りの色使いができるように、印刷機器にもこだわりを持つことが大切です。
印刷をする際には、機械そのものはもちろんですが、インクの質や、印刷する用紙の質なども影響を及ぼします。どの様な材質の用紙に印刷をするのかによってもこちらは大きく異なりますので、しっかりと比較をする事が大切です。特に、業者に注文をする場合や大量印刷をする場合は、一度試し刷りをしてもらって確認をした上で、大量印刷をするようにしましょう。いざ頼んでみて現物が目の前に表れた時に、イメージと違ってしまっては時間もお金も無駄になってしまいます。試し刷りは非常に重要ですので、印刷の質を確認するためにも、しっかりと行うようにしてみて下さい。
プロに頼めば絶対にイメージ通りのタイプが仕上がるという保証はありません。依頼をする企業によっては、質よりも値段と打ち出しているような業者もありますので、業者の方向性をしっかりと理解した上で依頼をする事が大切です。もちろん、低価格で質の高い商品を作成してくれる企業もありますので、その点にも注意して選ぶようにしましょう。色々な企業を比較検討して、自分に合っている業者を選ぶことも重要なポイントになるでしょう。業者選びをするときには、値段や質、トータルで判断をしましょう。

プロに依頼で簡単ハイクォリティ


より手軽に、より確実に質の高い名刺を作成したいという場合は、プロに依頼をする事で、イメージ通りのものを作成することができるでしょう。もちろん、依頼する業者によってはイメージと少し違うようなタイプができてしまうこともありますので、しっかりと業者を比較することが大切です。
特に色使いに関しては、業者によって大きく差が出るポイントです。通常データでイメージを入稿し、その状態を印刷してもらうという事が多いのですが、業者の利用している印刷機の質によって、刷り上がってくる商品の質が異なってくると言えます。せっかく素敵なデザインができ上がっても、刷り上がってきてみたら何だか今ひとつに感じるという事も少なくありませんので、注意が必要です。カラーつき名刺の場合は特に、同じ青でも、印刷機の質によって、深いタイプの青、鮮やかな青、イメージが全く異なる商品ができ上がるでしょう。
また、利用される用紙によっても、刷り上がった後の質は異なります。特殊な用紙を使う場合は特に、通常のタイプと違って、刷り上がりがだいぶ異なるケースが少なくありませんので、きちんと確認をするべきでしょう。質の高い商品を作りたいという場合は特に、一度試し刷りで依頼をしてみて、問題が無ければ大量注文を行うというスタンスを取ることをおすすめします。
名刺の質の高さは、依頼する業者によって大きく変わってきます。会社のイメージを作る非常に重要なツールの1つとして知られていますので、しっかりと業者の質を確認した上で、作成を依頼するようにしてみて下さい。