受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の整理方法やpp加工についてと業者の選び方

名刺の整理方法やpp加工についてと業者の選び方

名刺の整理方法やpp加工についてと業者の選び方

名刺の整理方法について知ろう

名刺はあらゆるシーンで使われます。例えば企業の中には一般家庭や企業へ営業をするために足を運ぶ会社も少なくありません。基本的に身分を相手に知ってもらうために相手に手渡して名前やどこの会社に勤めているのかを伝達します。基本的に企業間の交換においては相手から受け取ることもあるので、マナーを守ってやり取りを行います。

営業の時だけでなくセミナーに参加する時も持ち歩く会社員は多いです。セミナーと一言で言っても様々な種類のものが開催されています。基本的に興味のある内容のセミナーに参加する人が多く、同業種が足を運ぶことが多いので、名刺交換のやり取りが行われることは珍しくありません。企業だけでなく、個人事業主でも持ち歩いて営業を行っている人も少なくありません。基本的に個人でお仕事をしている人の中には企業や個人からお仕事の依頼をしてもらうために営業に行く時もあります。

このように幅広い場所で活用されていますが、交換のやり取りが多いのでしっかりと整理ができていないという人もいるのではないでしょうか。例えば整理をしておけば何か依頼をしたい時にすぐに依頼できる人を見つけて相談をすることができます。整理方法として挙げられるのが、年ごとに分類をすることです。起業したばかりの会社や活動を始めたばかりの個人においては去年のものがない人も多いですが、企業年数が多いところでは年ごとに分類をして整理をしている人も少なくありません。年ごとに分類することで新しいものと古いものを明確にわけることができます。整理をしていると当然いつ貰ったものかわからないものもあるでしょう。そのような名刺がある人は収納棚などに入れて保管をしておく人が多いです。

その他の整理方法としては企業ごとに分類したり、業種ごとに分類したりする方法が挙げられます。企業で分類して整理をする人は普段からたくさん交換のやり取りを行っている人ですが、それ程多く貰っていない人は業種ごとに分類をします。例えば印刷業界で分類したり、家具業界で分類をしたりします。このように業種で分類をしておくことで、サービスを受けたい時にすぐに候補をピックアップして依頼ができます。例えば印刷を依頼したい時は印刷業界の名刺の中から選択してお願いをすることができます。その他の整理方法としては五十音順で整理することです。五十音順で整理をすれば名前の頭文字から目的のものを選択できます。


pp加工について

定期的に整理することも重要なことの一つですが、基本的に交換機会が多いとすぐに減ってしまうので名刺が少なくなったら印刷会社に依頼をして制作してもらうことになります。日本では印刷を行う会社はたくさんありますが、従来よりも加工方法が複数あるので、加工方法について知っておくと注文をする時に参考にすることができるでしょう。加工方法の一つとして挙げられるのがpp加工です。pp加工の中にも二種類あります。それはマットとグロスです。

マットpp加工は用紙上にフィルムを圧着させます。そして光沢を取り除くことで実現する加工方法です。グロスpp加工はマットとは逆に光沢を付ける加工方法です。他の加工方法よりも優れている特徴としては耐水性です。基本的に営業をしている人においては水に濡れる可能性がある場所で交換をすることは少ないです。一方で飲食店においては飲み物などを扱うことが多く、また、料理をしている時にお渡しをする時には手が濡れている状態の時もあります。そのため、通常の加工方法の場合、名刺が濡れてしまう可能性があります。もしpp加工で制作を依頼すれば耐水性が高いので手に水滴が付いている状態でも交換が可能です。その他にもpp加工は質感が他の加工とは異なり、更に強度も高いので多くの方に選ばれる加工方法になります。この機会にpp加工で印刷依頼をされてみてはいかがでしょうか。


名刺印刷会社の選び方

pp加工で名刺印刷をしたいと考えている人はまず印刷会社を選択します。日本には印刷会社がたくさんありますので、選ぶ際には選び方のコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。コツの一つとして挙げられるのが、豊富なサービスを提供してくれるかどうかです。例えばpp加工などたくさんの加工方法を扱う業者を選択すれば様々な加工方法の中から好みの加工の種類を選択することができます。

また、入稿用のテンプレートを準備してくれるところを選択すれば、デザイン制作の手間を削減することができます。実際に豊富なサービスを提供してくれる業者は多いので、自分が受けたいものがあるかどうか確認して選択するようにしましょう。その他のコツとしては最短で届けることができる期間はどれぐらいなのかや、小ロット対応かどうかを確認します。最短で届ける期間が短ければすぐに名刺を受け取ることができますし、小ロットであれば少ない枚数から注文ができます。




名刺用紙が種類豊富です 【名刺用紙一覧】