受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の印刷にあたって気を配りたい加工技術の種類など

名刺の印刷にあたって気を配りたい加工技術の種類など

名刺の印刷にあたって気を配りたい加工技術の種類など


これから名刺を作成しようと考えている方におすすめの情報



名刺は、ビジネスシーンにおいて、初対面の人に自分のプライバシーデータを伝えるために、便利に使用することのできるツールです。ひと口に名刺と言っても、その印刷方法にはさまざまな種類があります。そのような状況の中で、サイズや加工技術にこだわりを持ち、オリジナリティ豊かなアイテムを提供してくれる業者は、利用価値が高くなります。

また、印刷にかかる費用を低く抑えたいと考えるのであれば、データを入稿する方式を採用している会社を利用するのもおすすめの方法です。そして、通常のサイズはもちろんのこと、欧米サイズや3号サイズなどの印刷にも対応するほか、2つ折りや3つ折り、4つ折りなどの加工も行ってくれる業者も存在するので、気になる方はチェックしてから依頼をするといいでしょう。

また、名刺の印刷を手掛ける業者の中でも、用紙の種類を豊富に取り揃えているところは、幅広いシーンで活用することができます。例えば、オーソドックスなものをはじめとして、光沢のあるものや艶消しのもの、和紙や、エコロジーに配慮した素材を使用したものに至るまで、さまざまな用紙での印刷を行ってくれるところもあるので、印象的なものを作りたい方は用紙の種類も確認しておくようにしましょう。

さらに、オリジナリティを活かした商品を手に入れるためには、いろいろな加工技術にもこだわりを持っている業者を利用するのがおすすめの方法です。例えば、人気の高い角丸加工をはじめとして、箔押しやエンボス、デボス、型抜き、ラミネートなどの加工に対応している業者も存在します。



利用する業者を選ぶにあたってのチェックポイントについて



これから業者に名刺の印刷を依頼するのであれば、利用する会社の選び方にも気を配ることが大切です。例えば、豊富な種類の商品をラインナップし、リーズナブルな価格で提供してくれるところを選択すれば、幅広い活用シーンが見つかることでしょう。また、発注をかけてから、出来上がった商品が納入されるまでの期間もチェックしておきたいポイントになります。

業者の中には、最短で即日の発送に対応してくれるところもあります。即日発送は一定の条件を満たさなければならないことも多くなっていますが、例えば通常サイズの加工なし商品の作成を依頼し、不備のないデータを入稿して、所定の日時までに決済手続きを完了した顧客を対象としてサービスを提供している業者も存在します。このようなサービスは、諸々の事情から、急いで名刺を調達する必要性に迫られているという人にとっても、利用価値が高くなります。

仕事の場面において、名刺を上手に活用すれば、相手に自分の魅力をアピールし、ビジネス活動を有利に展開することができます。そのような目的を果たすためには、インパクトのあるアイテムを作成することが大切になります。相手にとって印象に残る名刺を作るためには、しかるべきポイントを押さえた上で、実際のアクションを起こすことが大事です。



印象に残る名刺を作成してビジネスを有利に進める方法をご紹介



インパクトのある名刺を作成し、ビジネス活動を有利に展開するためには、紙面に施す加工の方法にも気を配ることがポイントになります。加工方法にもさまざまな種類があります。例えば、文字だけではなく、顔写真やイラストを入れてみるのも選択肢の一つです。こちらは、渡された名刺を見た相手の興味・関心を惹きつけ、記憶に残してもらいたいと考える方にもおすすめの方法と言えるでしょう。

また、表面だけではなく、裏面のスペースも有効活用するという方法もあります。一般的な名刺は、裏面が空白のままということも多くなっていますので、裏面に自分のプロフィールや仕事内容、勤め先企業の実績などの情報を掲載するのもおすすめです。このように、裏面を利用することは、自分の魅力をアピールするのに効果的な方法となります。

そして、シンプルなものでも、デコレーションをすることにより、違った印象を与えることができます。とりわけ女性の場合には、ハートや星、バラ、リボンなどをモチーフにして飾りつけを行えば、キュートな仕上がり状態になります。ただし、ビジネスシーンで使用する名刺には、可愛いからと言ってデコレーションをしすぎないこともポイントになります。こちらの問題を軽視すると、記載してある文字が読みにくくなったり、名刺が本来の役割を果たさなくなったり、相手に良くない印象を与えてしまったりするリスクが高くなるので、注意しなければなりません。

このように、オーソドックスな名刺にさまざまな加工を施す場合は、完成した時のイメージを思い浮かべながら作成を進めることがポイントになります。業者の中でも、事前のヒアリングによって、顧客の適性やニーズ、希望条件を聞き出し、それらに見合った加工のプランを提案してくれるところは安心して依頼することができるでしょう。