受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の作成やオンデマンド印刷で素材を確かめる方法

名刺の作成やオンデマンド印刷で素材を確かめる方法

名刺の作成やオンデマンド印刷で素材を確かめる方法

名刺は加工で印象付けよう


営業ツールとして必要不可欠の名刺ですが、特に日本ではほとんどの企業で使用されています。また、企業のみならずプライベートシーンでも活用している人がいるなど人気を集めています。ここ最近ではオンデマンド印刷なども増え、企業でも個人でも簡単にネットから注文もできるようになっているため、作成にも手間がかかりません。作成方法としても簡単なので誰もが名刺を作れる世の中になっていますが、その中でも印象付けたいと思っている人は加工オプションを有効活用しましょう。実際に様々な種類が選ぶことができ、それぞれ特徴が違うので紹介します。
まず人気が高い加工オプションとしてはミシン目加工です。これはその名の通り名刺にミシン目を付けてクーポン券などを貼り付けることができる魅力的な加工オプションです。利用することで単なる名前や住所が記載されている紙ではなく、クーポンがあることで販促効果も望めます。例えばお店などでもっと集客をしたいと思っている人は利用を考えた方がいいでしょう。そして二つ目はデコレーション加工です。例えば名刺のデザインがシンプルすぎてあまりパッとしないと思った場合、ワンポイントでもいいから加工したいと感じる人もいますが、こういったときにデコレーション加工は役立ちます。ワンポイント加工をすることができ、一気に印象を変えられますし、さらに安価な加工になるのでそれほど予算をかけなくても作り上げることができます。ちょっとした加工にはデコレーション加工が勧められています。
それから三つ目はPP加工です。これは用紙の上にフィルムを圧着し、紙に光沢を与える加工方法です。質感が良くなるので印象付けには有効的な方法です。また、質感だけではなく、耐水性にも強くなるので万が一ぬれてしまった時にしみになってしまうことも避けられます。四つ目はラミネート加工があります。これは会員証などでよく使用される方法ですが、名刺でもできる加工です。ラミネート加工をすることによって用紙を保護することができるので、汚れや対策やぬれないように対策をすることも可能です。
このように、様々な加工方法があり、ちょっとした加工で相手からの印象も簡単に変えることができます。通常の用紙ではもったいないので様々な加工を活用してみるといいです。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い


名刺を作成する際には主にオンデマンド印刷とオフセット印刷で分かれています。どちらにどのような特徴があるのかわかっておきたい方もいるでしょう。これから作成する方のためにそれぞれの違いについて紹介します。
まずオンデマンド印刷から述べますが、簡単に説明すると高細密のトナーによるレーザープリントのことを言います。別名でカラーダイレクト印刷とも呼ばれています。オンデマンドという形式は訳すと要求があった時に必要な分だけサービスを提供するという方式です。基本的には版などは使用せずにパソコンからデータを送って印刷をします。版の作成が必要ないので単価が安くなりますし短納期での制作が可能です。また、小ロットでの印刷にも優れているので、例えば数枚から数十枚など個人向けの印刷にも対応しています。企業のみならず個人も注文しやすい環境なので魅力的です。
続いてオフセット印刷について説明しますが、これは顔料油性インクによる印刷です。この方法は昔からある方法で大量の印刷に向いています。基本的には1000枚ほどが最小ロットとなるのである程度費用が必要です。個人向けとしての人気は落ちるかもしれませんが、企業からは注文がある印刷タイプです。特に大量に注文をしたい方はオフセットを選ぶといです。このように、二つの印刷方法について述べましたが、それぞれ違う印刷方法なので、失敗しないためには違いについて知ることが大切です。

オンデマンド印刷で素材を確かめる方法と印刷会社の選び方


これから名刺を印刷したい人は印刷会社へ注文をするのが一般的な方法ですが、業者によって異なる部分もあるので選び方は重要です。まず、オンデマンド印刷を検討している方でインターネットを活用する場合、ここで不便となるのが素材の確認です。
実際の店舗のように、素材を確認して注文をするということは一般的には難しいことがほとんどです。しかし中には、実際に手に取って確かめてから注文をしたいと思っている方もいるでしょう。確かめたい人は、選ぶ前にサンプル請求が可能かをチェックしましょう。サンプルの請求が可能なら多くのサンプルの中から実際に手に取って確認をすることができるので、素材選びで失敗する恐れもありません。
また、印刷会社を選ぶときはその他にも用紙の豊富さや加工が多彩に対応できるかも重要なポイントです。それぞれ印刷会社によって対応可能な用紙の素材は異なりますし、加工の豊富さも異なります。特にこだわって選びたい人は豊富にオプションを選択できる印刷会社を選ぶことで後悔の少ない選択が実現できる可能性があります。