受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺の作成についてやエンボス加工について

名刺の作成についてやエンボス加工について

名刺の作成についてやエンボス加工について

名刺作成で必要な3つの基本



ビジネスシーンではほとんどの企業が名刺を作成しています。特に営業などの職種の人は色々な方と交換をする機会があると思いますが、名刺の作り方によって印象も変わると言われています。何気なしに作っている人は悪気はなくても悪い印象を与えてしまう可能性があります。悪い印象を与えないためにも作成にはこだわることが大切です。では、作成する時にはどんなポイントを重視するといいのでしょうか。主に大切だとされているポイントは3つあるので具体的に説明します。

まずはどんな仕事をしているのかということを分かりやすく作成することです。例えば、誰かと名刺交換をした時、見てもどんな職業か分からなければ印象に残ることも少ないのではないでしょうか。特に名刺はビジネスの入り口となる大切なアイテムです。後で見返した時に何も情報が分からないものは渡しても意味がありません。効果を発揮するためにも会社の名前だけで判断できない場合は事業紹介の部分を加えるなどして作成をしましょう。

続いて大切なのがどんな人物か分かりやすくすることです。企業には売り上げを伸ばそうと様々な営業ツールが存在しています。しかし、ほとんどの営業ツールの中には個人を現す内容が記載されていることはありません。基本的には商品名やPRしたい内容を記載しますが、名刺は数多くある営業ツールの中でも名前が書かれている唯一の営業ツールです。個人をアピールすることができるチャンスでもあるので、名前はしっかりと分かるように書くことが大切です。

作成する時にはどんなポイントを重視するとうまく伝わりやすいかというと、大きく分けると2つのポイントがあります、1つは名前で一番大きなフォントを使用することです。使用するフォントは最低でも10ポイント以上と言われていますが、基本は18~19ポイントが読みやすいですし、適した大きさだと言われています。使用できるサイズの中でも名前は目立たせるためにも大きくするのが基本です。それから漢字を使う場合はローマ字などをつけて読みやすくすることです。人によっては難しい漢字が使用されており、一目では読めないこともあります。読めないと印象に残りづらくなる可能性があるため、なるべくローマ字などを入れて読みやすくしましょう。この二つを気を付けることでどのような人物か分かるようになるので、特にインパクトを与えたい場合は分かるやすくするためにもフォントに注目することが大切です。

最後に述べるのは、セールスポイントを分かりやすく説明することです。セールスポイントは様々ですが、例えば資格や実績など、自分が自慢できる情報を書きましょう。また、セールスポイントを書くとスペースがなくなる人は裏面を使用しても問題ありません。セールスポイントがある人はアピールポイントになるのでどんどん書くようにしましょう。



名刺の交換で気をつけたいマナー



名刺交換は簡単なように見えて意外と気を付けた方がいいマナーがあります。マナーを身に着けていないと相手に失礼なことをしてしまったり、印象を悪くしたりする可能性もあるので、失敗をしないためにも事前にマナーについて勉強するといいでしょう。ここではその中でも2つのマナーについて述べます。

まず1つ目はテーブル越しに差し出さないことです。例えば談話をする時にはテーブルを挟んで行うことも多いと思いますが、この場合はついついテーブル越しに交換してしまいがちです。基本的にテーブル越しは失礼に値しますし、座っている状態の場合はさらに印象を悪くします。失敗をしないためにも、まずは椅子から立ち上がり、テーブルの横にずれてから交換するようにしましょう。

続いて2つ目は笑顔を作って交換をすることです。笑顔はコミュニケーションの中でも基本中の基本だと言われています。真顔で交換をすると印象も悪いので、好印象を与えるためにも笑顔は忘れないようにしましょう。2つのポイントについて話しましたが、マナーはその他にもあるので、気になる方は事前に調べて身に付けておくことが大切です。



エンボス加工を検討中の方へ



名刺の作成には色々な加工オプションが存在しています。加工オプションを使うと印象もガラリと変わることがあるので、幅広い場面で使用されています。その中でも人気を集めているのがエンボス加工です。では、実際にエンボス加工とはどういったものなのでしょうか。

エンボス加工は凸型に浮きだたせて立体感を出す加工方法です。立体感があるため、受け取った相手の印象に残る可能性が高いと言われています。触っただけで凸型の感触を得ることができるため、実際に名刺を見なくても印象に残すことができます。また、通常の名刺のタイプではないため、エンボス加工の話でその場の雰囲気を和ませることも可能です。相手に自分の存在をアピールしたいなら加工についても考えるといいでしょう。



立体感を出すデザイン性 【名刺エンボス・デボス加工】