受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

受け取り方だけではない大事な名刺の置き方

受け取り方だけではない大事な名刺の置き方

受け取り方だけではない大事な名刺の置き方

常識的な範疇となる名刺の受け取り方

ビジネスシーンにおいて、名刺の受け渡しというのは、その人の性格や経験が出てきます。新人研修でも必ず行われますが、その所作を見られているということが重要です。何気ない動作ですが、その動作ひとつで判断できることがいろいろとあるのですから、気を抜けるような場面ではありません。マナーも必要な場面であり、できないとは言えない状況となります。

そんなものは、経験とともに身につくと思っている人もいるかもしれませんが、これが分岐点になってしまうことを考えれば、そんなことは言えないはずです。名刺交換から始まりますが、その置き方から、商談にも大きな影響を与えていることを、今一度考え直しましょう。よく基本と応用ということが言われたりしますが、そんなことはありません。すべてのことが見られているのですから、守ることは守らなければいけないでしょう。

実際に交換する際には、受け取るときに気を付けなければいけないことがあります。相手の名刺には必ずロゴや社名名前が書かれています。これがないものはそもそも名刺ではありませんが、その上に指は絶対に置いてはいけません。自分の看板に指をおかれたりして気分が良い人はいません。受け取った名刺に書き込みをしないというのも当然のことでしょう。自分の顔に何か書き込んでいるのと同じで、不快感を与えてしまいます。あとから書き込むことがあるかもしれませんが、その場では絶対に書き込んではいけないことを理解しておきましょう。

目上の人の名刺は先に受け取らないというのも常識ですが、これは順番がくるってしまうことも出てきます。同時に差し出してしまったときにという前提付きですので、遅れて出すことを詫びながらお先に頂き申し訳ございませんといって受け取ることになるでしょう。相手に名刺を持たせたままにするのも失礼です。どれも難しいことではなく、常識的範疇といえることでしょう。


渡すときには折れたものなどは絶対に出さない

受け取るだけではなく、差し出すときにもマナーがあります。良くあることが、高さの話です。相手より立場が下になる場合には、必ず低い位置で名刺を出します。上にかぶせるようにはしません。低い位置で出すのは難しいことではないのですから、必ず行なっていくべきでしょう。これが意外と守られておらず、堂々と上からかぶせてくる人もいるようです。よく考えるとわかりますが、丁寧な対応とは言えないのはわかるでしょう。

どうしてマナー違反になるのかと思うのであれば、自分の名刺が隠されたときのことを考えるとわかりやすいでしょう。差し出す場合には、テーブルは挟まないようにします。どうしてもできないのであれば別ですが、何か越しに渡すこと自体が失礼になります。間違っても、ポケットから取り出したり、財布から名刺は出さないようにします。

もちろん、汚れているものや折れたものを出すのも失礼でしょう。自分が受け取って気分がいいかどうかを考えてみるとわかります。このどの方法も気分がいいとは言えないはずです。特に汚れたり折れたりしているものは、そもそも使わないようにすることが大切です。それだけに、枚数に余裕を持たせておくということが大切であるといえます。


置き方としまい方を考えていく

名刺は交換しただけでは終わりません。これからが打ち合わせの本番であって、交換するというのは、あくまでも下準備といっていいでしょう。頂いた名刺の置き方を考えていかなければいけません。なぜならば名刺を交換していただいたということは、名前と顔が一致していないことがほとんどだからです。いうなれば、初対面ともいえるでしょう。この状況を考えれば、確認しながら話を進めていくことが必要になってきます。そこで、机に座ったら、左上に相手の役職の高い順に一列に並べていきますが、これではわからないことが出てくるでしょう。

基本としては、交換した順番で置いていくことで役職順であると考えることができますが、絶対にそうなるとは限りません。下のものが先に渡してしまうことだって出てくるからです。その時には、座っている順で置いていきます。人数が多い時には特に順番が狂うことがありますが、そもそも交換したのにもかかわらず、名前を間違えたりしたら元も子もありませんし失礼です。そういった失敗をしないように置いていくということが必要となるでしょう。

置いた名刺は、打ち合わせが終了するときにしまいます。相手より先にしまったりしないようにすることも必要です。資料や商品を置く場合、邪魔になってしまうこともあるでしょう。汚してしまう危険性があることもあります。そういったことが起きる前に対応することが重要で、早めに締まってしまっても問題はないでしょう。その時には、一言声をかけておけば、相手に失礼と思われることはないでしょう。だれでも理解できることですので、失礼がないようにすることが大切です。



名刺作成のご注文から納品【名刺作成ご利用ガイド】