写真入りの名刺を使うことによって生まれる効果について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

写真入りの名刺を使うことによって生まれる効果column

写真入りの名刺を使うことによって生まれる効果

名刺はビジネスシーンで大事なもの


仕事の中で、初めての人と会う時には必ず名刺を交換します。この時のマナーがきちんとしていれば、第一印象が悪いものには決してならないですし、むしろ好印象を持ってもらうことができます。なおかつ、その場で簡単な自己紹介ができたり、ほんの少しでも雑談ができたりと、話をすることができれば初対面の緊張感を緩和することができるでしょう。このように、仕事現場での最初の気まずい緊張感を緩和してくれる大事な役割を果たすツールであるために、ペーパーレス社会になった今でも名刺はなくなることなく使われ続けています。
もちろん、一時期はペーパーレス社会の流れによって、自己紹介でSNSのアカウント交換をする人たちもいました。しかし、名刺交換が行われるような場面というのは、会社の中でも上の役職の人がいるケースが多いです。そのような人たちは昔からの風習の中で仕事をしてきていますし、今のSNS文化の中心にいる人たちではありません。また、SNSのアカウント交換をするというのは、スマートフォンを出してフォローしあうというとても味気ないものです。そのようなやり取りは、あまり好まれず定着しなかったという現状もあります。
最近では印刷技術が進歩したことによって、名刺にも色々なものができています。ただ白い紙に黒い文字で印刷がされているだけでなく、カラー印刷は当たり前ですし、両面フルカラーのものや、顔写真付きのものなど、種類は豊富です、さらに、紙質にも色々なタイプのものがあり、渡した時の手触りでも相手のセンスが窺えます。紙に細工がされていて、名刺が広げられるものもあります。遊び心のあるものは、相手の印象も良くなり、会話がはずむいいきっかけをもたらすツールにもなるのです。

メリット


写真を入れることによるメリットの第一は、記憶に残りやすいことです。商品でも写真入りのものとそうでないものとで、注目度が倍近く変わるというデータがあるほどです。これは、人間の情報が特に視覚情報に頼っていることが理由です。わたしたちが初対面の人と顔合わせをする時、最初に見るのは顔であり、そこで第一印象も決まります。そのため、写真があることで、視覚情報と文字情報での印象が残りますし、第一印象の記憶が残るので、相手の記憶に残りやすいのです。だからこそ、最初の面会時の話し方や表情といったものはとても重要であると言えます。
また、顔写真があることで顔と名前の一致がしやすいです。仕事の役職によっては、1日に何人もの人と面会をしたり、商談をしたりする人もいます。そのような人は、ちゃんと仕事中に話を聞いていても、後から顔と名前が一致しないようなことも起こりやすいです。写真があることで、プレゼンや商談でうまく話ができなくて印象を残せなくても、名刺を見ることで自分のことを思い出してもらえ、もう一度ビジネスチャンスが得られる可能性も出てきます。
次に、顔写真があることでザイオンス効果というものが起きます。これは、人間の対象への好感度はその接触回数に依存するというものであり、写真を見ることによって自然とザイオンス効果が働いて好感度を上げてくれるのです。特に、ビジネスマンでも営業担当の人にとってはうれしい効果であると言えます。本来は来訪して顔を売って好感度を上げる必要がありますが、それを名刺が勝手にしてくれるのですからとてもうれしい効果です。

デメリット


写真を入れることのデメリットは、コストの問題です。使うインクの量やデータ量、カラーインクが裏移りしにくい紙質にする必要もあり、モノクロのものよりも作成のコストがかかるのです。特に営業マンの人は毎日のように商談や面会があり、名刺を配布します。そうすると、コストの高いものを配布するとなれば、年間にかかる経費はかなり大きくなります。もちろん、名刺は会社から支給されることがほとんどです。自分自身は費用を出していなかったとしても、やはり成果が出なければ会社の中でも肩身の狭さを感じたり、プレッシャーを感じたりするものです。
次に、他の情報が載せられないという問題があります。名刺というのは基本サイズがあります。中にはオリジナリティーを出すためやアイキャッチのために、大きめのサイズにしている人もいますが、それを外れたサイズを作ると管理がしにくくなり相手側へ迷惑となってしまいます。そこで、基本サイズに収めて制作することが望ましく、顔写真を入れるとそれによって削らなければならない情報が出てくるのです。
最近では印刷技術の進化によって、両面印刷でも裏移りすることなく綺麗にな印刷ができます。そこで、情報がごちゃごちゃしないように両面印刷にして作成する人もいますが、両面印刷にすれば、そのぶん費用もかかることになります。もちろん、コストはかかりますが得られる効果は高いので、コストパフォーマンスは決して悪くないです。両面のカラー印刷の導入は、決してリスクばかり高いものにはならないことが多いので、コストの面がクリアできるならばぜひ取り入れたい事案であるといえます。