あなただけのオリジナル名刺でビジネスをもっと活発にしようについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

あなただけのオリジナル名刺でビジネスをもっと活発にしようcolumn

あなただけのオリジナル名刺でビジネスをもっと活発にしよう

人と人との出会いを強固にするのが名刺


あなただけのオリジナル名刺を作ってみませんか。開業、独立される方の名刺作りにはもちろん、企業などに勤めていらっしゃる方にもお勧めです。勤めている方ならすでに会社などから、公式の名刺を支給されている方も多いとは思います。しかしオリジナル名刺は多くの企業で採用されているような、無地の白地に黒いインクで必要な情報が記載されただけのものとは印象の残り方が違います。渡した相手の印象に残れば、相手が自分をより鮮明に憶えていてくれるかもしれません。多くの場合、それはビジネスにおいて非常に有利なことです。
仕事で信頼関係は大切なものとされていますが、よく知らない相手を信用する人間はほとんどいません。初めて出会った相手とこれから継続して仕事をしていくためには、まず相手に自分を憶えてもらい、知ってもらう事は絶対条件でしょう。名刺はこの点で非常に便利なアイテムになり得ます。自分の名前や所属している組織、部署や役職など最低限必要な情報が盛り込まれているため、自己紹介の手始めとして最適と言えます。また社会のマナーとして名刺交換は確立されているため、差し出せばほぼ確実に受け取ってくれる上に、相手からの名刺も期待できるでしょう。相手からの名刺は、これからの仕事で役立つかもしれません。
急な出会いで時間が取れない時、自分の情報を手早く相手に渡す時にも適しています。また渡した相手が別の人に自分を紹介する時にも便利です。これほど便利な名刺だからこそ、あえてオリジナル名刺を使う価値があるのではないでしょうか。少しの工夫が将来を左右することは珍しくありません。あなただけのオリジナル名刺でライバルに差をつけましょう。小さな紙ですが、人との出会いにおいて、大きな力を発揮してくれます。

名刺を作る時に気をつけるべきこと


オリジナル名刺を作る時、最初に確認すべきは使えるかどうかです。自営業をされている方なら問題ないでしょうが、会社勤めの人はオリジナル名刺の是非を確認しておきましょう。組織によっては何らかの意図をもって公式の名刺を使用している場合があります。その場合は既存の物をそのまま使用するべきでしょう。問題なく使えるなら、作る手段を決める必要があります。
作成する手段は自作する方法と専門店などへ依頼する方法が考えられますが、初めてならプロに依頼するべきです。機材を揃えて一度作ってしまえば消耗品類のコストだけで済むのが自作の利点ですが、自作のデザインがリスクに繋がりやすいのです。多くの場合、名刺は公的な場面で使用する道具です。また、相手に読んでもらうためには読みやすさも大切です。それらの点から鑑みて不適切なデザインになっていないかどうか判断するのは、一人でデザインすると難しいでしょう。また機材も悩みどころです。フリーの名刺デザインを流用するならパソコンがあれば十分でしょう。しかしオリジナルのデザインを志向した場合、さらに動作するデザイン用ソフトが必要になります。名刺用紙が使えるプリンターも必須です。それらを使いこなせるかどうかも人によります。
これらの点を考慮すると、デザイナーに依頼して常識の範囲内でイメージに近いデザインを考えて貰ったほうが良いでしょう。多少のお金がかかるでしょうが、これから仕事に活かすための投資と考えて、デザインしてもらった方が効率的です。将来の大きな契約を呼び込むアイテムとなるのならば、決して高いものとは言えないでしょう。

印刷のコツは確認とこだわり


デザインが完成したのなら、名刺印刷を受け付けている印刷会社に印刷を依頼しましょう。依頼する会社によって入稿の方法や入稿に使用するデータの形式、料金、デザインに特殊効果を使っていた場合にどこまで再現できるかは変わります。依頼するときにできるだけ詳細に確認することをお勧めします。とりあえず大量には必要がない場合もあるでしょう。最初であれば、まとまった量を作る前に完成品を見ておきたい方も多いかもしれません。その場合は、データとプリンターを用いて行うオンデマンド印刷ができる会社を探しましょう。印刷数の最小限度や料金は店によって変わりますが、多くの場合において少量からでも受け付けてもらえるでしょう。オフセット印刷は一般的に色ムラが少なく、大量に刷れば単価は安くなるとも言われています。それなりの量が必要であるなら選択肢になるかもしれません。
印刷方法まで決めれば後は完成を待つだけです。しかし印刷会社によっては、さらに印刷する紙の種類をいくつかのバリエーションの中から指定出来る事があります。印刷の種類によっては使えない紙との組み合わせもありますが、紙の種類によって手触りや発色、仕上がりの雰囲気は変化するものです。ここまで手間をかけて作った自分のオリジナル名刺なのですから、可能な限りこだわって納得のいく形に仕上げましょう。こうして熟慮を重ねて仕上がったあなただけのオリジナル名刺は、これから仕事をしていく上であなたの力になるはずです。しっかりと考え後悔のない一品を手にしてください。きっと素晴らしい成果につながることでしょう。