名刺のフォントに関して|名刺印刷・作成なら激安・格安通販のライオン名刺

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺のフォントに関してcolumn

名刺におけるフォントの効果

社会人になれば、誰もが手にする機会のあるアイテムが名刺です。自分の事を端的に相手に紹介するために、絶対に外せないアイテムです。基本的には自分でパソコンなどを用いて名刺を作るのですが、名刺の作成に当たって重要なのが、デザインとフォントです。

どのようなデザインにするか、そしてどのようなフォントを使うかで相手に与える印象に大きく関わってきます。フォントとは、文字の字体の事であり、よく目にするものとして新聞などでは明朝体、雑誌などではゴシック体などが主流です。字体によって、相手に与える印象が変わってきます。

明朝体では、やや堅めの印象を与えます。真面目さや誠実さなどが伝わりやすいです。一方でゴシック体や丸みのある字体などでは、相手に親近感を与え、温和そうな性格の持ち主であるような印象になります。どのような職業なのかによって使い分ける事で、第一印象から好感を持たれる事となり、それだけで好印象を与える事が可能です。

名刺に使われる代表的なフォント

名刺に使われている主なフォント(書体)は大きく3つあげられます。1つめは楷書体。楷書体は筆で書かれたような文字で、和風なイメージを与えます。縦書きの名刺でよく使われており、伝統的・老舗といったイメージを受け取った側に与えます。

2つ目は明朝体。新聞などで使われる文字で、一文字一文字が整然と並んでいて、大変読みやすく分かりやすいです。

3つ目はゴシック体。ゴシック体には、角が角ばっている角ゴシックと、角が丸くなっている丸ゴシックがあり、角ゴシックは新聞の見出しのように迫力がある文字です。丸ゴシックはやわらかく優しい感じを与え、女性などに好まれます。

この他にもフォントは沢山の種類がありますが、性別や、職種、または名刺に印字する文字数などから最適なフォントを選んで、相手に好印象を与える名刺を作りましょう。