名刺サイズに関して

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺サイズに関してcolumn

名刺のサイズは地域によって呼び方や大きさが変わる

日本で使われているほとんどの名刺のサイズは、55×91㎜の大きさで4号と呼ばれています。この大きさは関東のメーカーでは4号と呼んでいますが、関西のメーカーでは9号と呼んでいて、こんなところにも関東と関西の違いを見て取ることができます。

4号にも関東のメーカーが小型4号と呼んでいる39×70㎜の大きさもあり、これも関西のメーカーでは呼び方が違っていて5号と呼ばれています。名刺のメーカーによっては呼び方が変わっているので、名刺を作るときにはサイズを確認しなければいけません。

日本では4号がほとんどですが、外国で使われているのは日本より小さいタイプが一般的です。この大きさは51×89㎜で欧米サイズと呼ばれていて、外国人と名刺交換をするとよく見かける大きさです。名刺は地域によって、呼び方や大きさが違っています。

名刺は一般的なサイズを選ぶ人が多い理由

名刺にはいろんなサイズがあります。例えば大きなものもあれば小さなものもあります。しかし、人気があるのはやはり一般的に出回っているサイズなのです。

それにはどういった理由があるのでしょうか。他の人と違った大きさにすることによって、個性のある名刺になってきますのでインパクトは強くなります。ですので、変わった大きさにするというのもいいでしょう。

しかし他の人と違う大きさにすると起きてくる問題としては、相手に嫌がられてしまうかもしれないという点があるのです。それというのも名刺ホルダーなどに入れてきちんと分類している人にとっては、一人だけ違うサイズの名刺をもらうとなるとその名刺を分類しにくくなってしまうというのが出てくるようになってしまいます。

そういった点からも、貰う相手の事を考えて普通の大きさを選んで作る人が多くなっていると言えるでしょう。