名前だけで大丈夫ですか?

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名前だけで大丈夫ですか?column

名前や顔を覚えてもらうために、ビジネスシーンで初対面の人と行うのが“名刺交換”です。その名刺に記載する情報は、個人や会社によってさまざまです。名刺にただ情報を記載するだけでは、ビジネスパートナーを逃してしまう可能性があります。ですから、作成する際にはどのような情報を記載したいのかよく考える必要があります。ここでは、一般的に名刺に記載されている情報や記載しておくと便利な情報について紹介していきます。

名前や会社名は名刺の基本! それ以外で相手が興味を示す情報を選択

名刺は相手に自分のこと、会社のことを伝える重要なアイテムです。そして、今後ビジネスパートナーとしてよりよい関係を築いていくためのコミュニケーションツールでもあります。名刺に記載するのは、自分や会社に対して相手が興味を示してくれる内容でなければなりません。だからといって、たくさん情報を入れればよいというわけではなく、必要な情報を選択する必要があります。

基本情報として、自分の名前を入れるのは当然のことです。それ以外には、会社名や部署名、役職、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)などを入れるのが一般的です。ホームページの運営を行っているのであればURLを、SNSを行っているのであればアカウントをというように必要に応じて記載しましょう。

名刺のサイズは、91ミリ×55ミリと決められています。限られたサイズのなかでいかに自分のこと、会社のことを伝えられるかが重要になってくるのです。名刺で何を伝えたいのか、作成する前には特に伝えたいことを考えて情報を書き出してみましょう。

趣味や特技で親しみやすさアップ! 初対面でも話が広がる有効な手段

初対面だと緊張してしまい、何を話したらいいのかと戸惑ってしまう社会人は多いかもしれません。名刺に趣味や特技を記載することによって、初対面でも相手と話を広げやすくなります。名前や会社名などの基本情報は、誰でも記載しているもの。一方、趣味や特技は全ての人が記載しているわけではないため、相手の目に留まりやすくなります。

趣味や特技が同じでなくても、記載されているだけで興味をもってもらえ、相手との会話が弾むはずです。もし、趣味や特技が同じであれば、初対面でもお互いに親近感が湧くことも考えられます。趣味や特技がきっかけで、「一緒に仕事をしてみたい!」と思ってもらえる可能性があるのです。

ビジネスパートナーを増やすために入れておきたい“メリット”

名刺1つで、仕事を取れるかが決まってくるといっても過言ではありません。そのため、相手にどんな名刺を渡すのかが大事になってきます。よって、作成時には誰に向けて渡すのか重視する必要があります。

初対面の人から名刺を貰ったとき、メリットがあると分かれば相手に連絡をするはずです。それと同じで、相手に渡すときには、自分と手を組むことでどのようなメリットがあるのか伝えることが大切です。

名刺に自分の取得している資格を記載するのは効果的です。取得した資格によって相手に信頼感を与え、自分と手を組むことで安心してビジネスを任せられるとアピールできます。さらに、会社の実績を記載するのも有効だとされています。

目的に合わせて選びたい加工法!目の不自由な人とのコミュニケーションにも

名刺の加工法には、さまざまな種類があります。どんな名刺を作成したいのかによって、加工法を選びましょう。例えば、高級感を出したいときには会社のロゴなどに“箔押し”をすると、輝きを放っているような印象を与えることができます。立体感を出したいときには、“エンボス加工”や”デボス加工”を施すのがおすすめです。エンボス加工をすると表面に浮き出た形に、デボス加工をするとへこんだ形になります。

ビジネスシーンにおいて、視覚に障害のある人と名刺交換をする機会があるかもしれません。特に障害者施設など福祉関係の仕事をしている人は、そういった機会に遭遇する可能性があります。そんなときに役立つのが、“点字”の加工がされた名刺です。このような名刺を作成すると、目の見えない人とも円滑にコミュニケーションをとることができます。また、名刺に点字の加工をすることで社会福祉への理解を伝えることもできます。それにより、会社のイメージアップに繋がることが期待できます。

このように、名刺はさまざまな方法で加工ができます。そのため、作成前に仕上がりを具体的にイメージしておくことが大切です。

誰に渡したいのかを考えることが名刺作成時の重要なポイント

名刺には名前だけでなく、基本項目である会社名や部署名、役職、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)などの最低限の情報を入れておきましょう。それだけでなく、必要に応じて情報を記載することで相手へのアピールができます。これから初めて名刺を作成する人や新たに名刺の作成を検討中の人は、まず誰に向けて作成するのか考え、その後記載する情報を決めていきましょう。