名刺に役職は入れるべき?

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺に役職は入れるべき?

名刺に役職は入れるべき?column

名刺には名前や会社名、ロゴマーク、問い合わせ先を入れるのが基本です。それに加えて、肩書きを入れる場合もあります。肩書きは注目されやすいポイントであり、企業間での取引などに少なからず影響を与えます。ここでは、名刺に肩書きを入れることで相手にどのような影響があるのか紹介していきます。

名刺でよく見かける肩書きって?

“肩書き”とは、会社でどのような役目を任されているのか表すものです。肩書きは、自分の仕事内容を相手に伝える役割もあり、多くの名刺には肩書きが記載されています。記載することにより、会社でどのような立ち位置にいるのか、何をしているのかすぐに理解してもらえます。一般企業で使われる主な肩書きには、以下のようなものがあります。

・会長

社長の上に置かれる肩書きですが、会社の代表権をもっている場合とそうでない場合があります。社長から会長へと就任し、社長のサポート役にまわることがほとんどです。

・社長

会社の代表で、内部の取りまとめを行います。社長の多くは代表取締役と兼任し、“代表取締役社長”としての肩書きをもっています。なかには、代表権をもたずに社長の肩書きをもつ“取締役社長”もいます。

・副社長

社長の下に置かれる肩書きで、社長のサポートを行います。“取締役副社長”とされることがほとんど。会社によっては、社長と一緒に会社の代表を務めることもあり、その場合の肩書きは”代表取締役副社長“となります。

・専務

社長の補佐を担当して業務全般の管理を行います。専務取締役や専務執行役など、会社によっては複数名の専務がいる場合があります。

・常務

社長の補佐をしつつ、日常業務をこなすのが常務の役目です。常務も専務同様に、常務取締役や常務執行役など複数いる場合があります。

このほかにも、部の管理を行う“部長”や課の管理を行う“課長”、仕事を効率よく進めていくために組織で監督を行う“係長”などの肩書きがあります。会社によって肩書きは異なるため、上で紹介したような肩書きが一部ないことも。さらに、“課長代理”や“課長補佐“のように代理や補佐を付けている場合もあります。

肩書きだけで信頼度が変わることも! 肩書きがない人はオリジナルを

名刺をもらったときにまず肩書きに注目するという人は多いといわれています。肩書き1つで対応が変わってくるほど、肩書きの存在は重要なのです。

会社によっては、入社数ヶ月の営業社員の名刺に“主任”などの肩書きを入れることがあります。その理由は、肩書きを入れることによって相手からの信頼度が増すためです。日本はまだまだ肩書きが重視される国。肩書きの有無によって、仕事が取れるかどうか決まることがあります。

肩書きのない人は虚偽の肩書きを入れるのではなく、オリジナルの肩書を作ってみるといいかもしれません。その際は役職名にとらわれず、自分のできることを簡潔に分かりやすくまとめましょう。“安心”や“安全”といった表現を使ってしまうと曖昧な印象を与えてしまうため、「なぜ安心なのか」、「なぜ安全なのか」と具体的な表現を使う必要があります。

具体的にどのような肩書きにしたらいいのかというと、“~コンサルタント”や“インストラクター”、“~アドバイザー”などです。このような肩書きを入れるだけで相手からの信頼度、そして期待度が高くなるはずです。肩書きは、自分のことをアピールできる項目。うまくアピールできれば、今後の仕事にプラスになると期待できます。

名刺はほとんどの場合、会社から支給されます。そのため、オリジナルの肩書きを記載するのに許可が必要となることがあります。事前に担当名にオリジナルの肩書を入れたいという旨を上司や会社側に伝え、許可を得てから記載するようにしましょう。

肩書きが複数…… そんなときはどうする?

人によっては、複数の肩書きをもっていることがあるかもしれません。そのようなとき、名刺にズラッと肩書きを記載するのは避けたほうが無難です。というのも、どんな仕事をしているのか分かりにくく、相手を混乱させてしまう可能性があるためです。それにより、仕事を任せられないと判断されてしまうことがあります。肩書きを複数もっている人は、自分が一番伝えたいものを入れることが大切です。

そのほかにも、複数肩書きをもっている人は肩書きごとに名刺を作成し、訪問先や要件に合わせて使い分けるのも有効です。重要な取引をする際には管理職名の記載された名刺を渡すことで、仕事をスムーズに進めやすくなります。

これで決まる! 仕事獲得を左右する肩書きの重要性

たった数文字の肩書きがあるかないか、今後の仕事に大きく影響を与えます。肩書きがない人でも、オリジナルの肩書きを考えることで、自分に何ができるのかアピールしやすくなります。名刺に肩書きを入れるか悩んでいる人は、自分の今もっている肩書き、あるいはオリジナルの肩書きを考えて名刺へ入れてみましょう。