名刺は写真入りのほうがいい?

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺は写真入りのほうがいい?column

名刺はビジネスシーンにおいて、相手に自分のことを覚えてもらうため、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるために必要なアイテムです。一般的には、名刺に名前や会社名、部署名や役職などの情報を記載します。最近では、これに加えて顔写真を入れる人が増えています。このページでは写真を入れることのメリット・デメリットや、よい写真を撮るコツなどを紹介していきます。

顔写真で相手の記憶に残りやすい

文字だけ並ぶものと写真入りのものを比べると、印象に残りやすいのは写真入りのものです。名刺を見るたびに、名前だけでなく顔を見ることができるため、相手に覚えてもらいやすくなります。特に、頻繁に会わない人へ渡すときには相手が自分のことを忘れないように、顔写真入りの名刺を渡すのが有効です。

また、複数の人と同時に名刺交換をするときにも写真入りのものは有効です。文字のみが並んだものだと、文字を見ただけでは名前と顔が一致しないことがあるからです。相手に、自分のことを覚えてもらえないというのはとてももったいないこと。「相手に自分のことを覚えてもらいたい!」と考えるビジネスマンは、顔写真入りの名刺を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

“写真で印象が左右される”、“コストがかかる”などの問題点も

名刺に顔写真を入れることで、相手の記憶に残りやすいというメリットがあります。しかし、デメリットもあります。

まず、よい写真を選ぶ必要があります。顔写真で相手にどのような印象を与えるかが少なからず決まってくるからです。第一印象は大事なもので、写真写りがあまりよくなかったり、笑顔がぎこちなかったりすると相手によい印象を与えるのが難しくなってしまいます。よくある失敗例が、免許証や履歴書に載せるような、表情が真顔で真正面から撮った写真を入れること。これでは、ただ写真を載せているだけで自分のよさを伝えることができず、写真を入れる意味がなくなってしまいます。ですから、名刺に顔写真を入れるなら、相手にどのような印象を与えたいのかによってポージングや表情、背景などに工夫する必要があります。

さらに、顔写真入りの名刺は文字のみの名刺と比べるとコストがかかります。名刺は1枚ではなくたくさん作成する必要があることから、顔写真入りにするとそれなりのコストに。また、名刺は部署や役職が変わるたびに作成する必要がありますので、作成するたびにコストがかかってしまうのです。

ただ、実際に顔写真入りの名刺をもらった人の多くは、「顔と名前が一致するから助かる」などと好印象をもっています。印象アップを狙うことができ、今後のビジネスチャンスを広げられる可能性が大いに見込めます。

プロのカメラマンとコンサルタントのタッグで思い通りの写真に

取引先や営業先、あるいはお客様に顔写真入りの名刺を渡し、好印象を与えたいと考えるビジネスマンは多いはずです。印象アップを狙うために顔写真入りの名刺を作成するなら、よい写真を撮るコツを押さえておきましょう。名刺に入れるための写真は、ポージングや表情に工夫が必要です。その他にも、写真に写る際の総合的なバランスも考えなければなりません。ぼやけて顔の表情が分かりにくかったり、写っている人のバランスが悪かったりする写真では、相手によい印象を与えることが難しくなります。名刺に入れる写真が、自分や会社のイメージを左右することもあり得るのです。

写真を撮る際におすすめなのが、プロのカメラマンにお願いすることです。カメラマンなら、その人のよさを引き出す写真を撮ってくれます。ただ、カメラマンは相手にどのような印象を与えるのまでは考えてくれません。そこで、必要になってくるのが名刺コンサルタントです。職業や第三者へのイメージなどを考え、ポージングや表情のアドバイスを行ってくれます。例えば、弁護士などの士業に携わる人は相手に信頼感を与えることが大事。腕を組み爽やかな笑顔でキメることで、信頼できるようなイメージに。このようにカメラマンとコンサルタントがタッグを組むことで、自分の思い描いた通りの素晴らしい写真が完成するのです。

あなたや会社の印象アップのためにも

名刺交換は、相手に自分のことを覚えてもらうのが大前提です。文字だけのものでも、デザインを工夫することで記憶に残るような名刺になるかもしれません。しかし、それよりも顔写真入りのほうがより強いインパクトを残せます。相手に顔と名前を覚えてもらうと、仕事の幅を広げられるチャンスにもつながります。顔写真入りの名刺は、表情やポージングであなたの印象だけでなく、会社の印象にも大きく影響してきます。今後のビジネスが円滑に進むかどうかが名刺1枚で決まってくる可能性があるのです。写真を入れるなら、相手によい印象を与えられるようなものを選びましょう。