着付け師の名刺に関して|名刺印刷・作成なら激安・格安通販のライオン名刺

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

着付け師の名刺に関してcolumn

着付け師の名刺を作成する

職業の中には、一般的な会社員のような仕事ではなく、特別なスキルを武器に仕事をするものがあります。たとえば、着付け師という職業です。着付け師というのは、着物を他の人に美しく着させてあげる職業で、相手を喜ばせてあげるものです。

一般的な会社員とは異なるわけですが、もちろん名刺も持っています。名刺には、自分が所属している団体などの名称も、名前と合わせて掲載するのが一般的です。名刺交換についても、会社員と同様に行われます。ただ、一般の会社員と異なる点もあります。

それは、名刺を渡す相手がお客様である場合が多いということです。専門職の1つとして仕事をしているため、特殊性があるわけです。着付け師は、日々スキルの向上に努めていて、お客様に満足してもらえる着付けの方法を身につけています。名刺交換を見ても、自信の程がうかがえます。

着付け師向けの名刺について

着付け師の方が使われている名刺は、着物の柄のようなデザインや和風のデザインのものが多く使われています。着付け師向けのものを製造している業者では、日本人らしい桜の柄や、芸者、舞妓を連想させるイメージの柄を印刷することができます。

表面だけでなく、裏面には肩書きや所属、資格等を記載し、着付け料金や着付け教室の情報なども掲載することができます。名前や連絡先を提示する以外にも仕事内容を紹介するための営業ツールとしても人気を集めています。

着付け師の方は3号名刺を使用されるのが一般的です。女性の多い業界は3号サイズが大人気です。3号は、通常の名刺より一回り小さいサイズのもので、女性用の名刺として需要があり、角丸加工をしてさらに優しい印象の名刺にしている方もいます。書体は、筆文字風のものや柔らかい雰囲気の書体が多く使われています。