雑貨店オーナーの名刺に関して

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

雑貨店オーナーの名刺に関してcolumn

雑貨店オーナーの名刺

雑貨店を営んでいるオーナーの名刺に求められるのは、その店の雰囲気や取り扱っている商品にぴったり合うようなものがよいでしょう。名刺はその店の顔にもなる大切なものなので、渡した時にすぐに店のイメージが連想できるようにこだわりを持って制作することが大切です。

例えば、木工雑貨を扱っているならば背景に木目の入ったような名刺だったり、動物がモチーフの雑貨を扱っているならば動物や動物柄を使ったものなどです。また雑貨店の場合、最近人気のある様々なハンドメイドイベントなどに参加するようなこともあると思います。

その時に出会うハンドメイド作家さんや雑貨好きのお客様などにお店を宣伝するという意味を込めて、名刺にはオーナーの名前だけでなく、店の住所や電話番号、またホームページやブログ、参加SNSなどのアドレスを明記しておくとよいでしょう。

雑貨店の工夫を凝らした名刺

名刺というのは、ビジネスを行っている者にとって極めて大切な書面です。名刺の取り扱い方を見ると、日頃から真摯に仕事をしているかどうかが分かってきます。業界によって、名刺の作り方や記載内容は変わってきます。

たとえば、雑貨店では特別な工夫を凝らして作成している場合があります。通常、名刺といえば会社名・氏名・連絡先が掲載されますが、雑貨店では商材の写真が大きくデザインされているものが多くTwitterやFacebookのIDを載せていることもあります。

また、地図及び、ホームページのURLやQRコードが載っているショップカードと雑貨店オーナーの名刺は、お客様が雑貨店を手軽に利用できるようになるメリットがあります。特典としてお渡しできるもの、例えばスタンプカード・ポイントカード・割引カードとデザインは統一しておくことが望ましいです。