1. 名刺印刷のライオン名刺
  2. ライオンのつぶやき
  3. 名刺の歴史について

名刺の歴史について

column

日本では、ビジネスや自己紹介の際に、名刺を使用する機会が多いです。
普段何気なく持ち歩いている名刺ですが、皆さんは歴史についてご存じでしょうか。
知らない方がほとんどだと思いますので、名刺がどのように日本へ伝わってきたのか学んでいきましょう。

名刺の始まり

まず、この世に名刺が誕生したのは、紀元前2世紀の中国だと言われています。
当時の名刺は、訪れた場所が不在の時に、自分が訪問したことを知らせるために利用していました。
名前の書いた木や竹の札を戸口にさして知らせていたそうですが、その札を「刺」と呼んでいたため「名刺」という名前がついたそうです。
その他にも、地位のある方にお会いする時に取り次ぐためのものとして使用されていました。

世界への広がり

名刺は中国で生まれた後、次第に欧米へと広がっていきました。
ヨーロッパで最初に使用されたのは、16世紀頃のドイツだと言われています。
中国と同じく、訪問先が不在の時に知らせるために使われていましたが、ドイツではメッセージカードを置いていました。
その後、ヨーロッパの社交界では、名刺を挨拶代わりに使用しており、欠かせないものだったそうです。
デザインも華やかな図柄や模様が入っており、現在の名刺へと至っています。

日本への広がり

ヨーロッパに伝わった後、日本にも19世紀の江戸時代から名刺が広まってきました。
中国やヨーロッパと同様に、訪問を知らせるために利用されていましたが、日本では和紙に墨で名前を書いたものを置いていたそうです。
開国を迎えた後は、現代のような印刷された名刺が主流になり、外国人と接する際に使用されていました。
明治時代以降、名刺を利用する機会も増えていき、現在では手放せないアイテムになっています。
さらに、日本は世界の中でも特に名刺の消費量が多く、これからも活用する場は増えていくでしょう。

名刺やカード印刷をご検討中の方は、ぜひ「ライオン名刺」にお任せください。

ライオン印刷は、最短即日発送を行っておりますので、お急ぎの企業の方にもお役に立てると思います。
また、加工の種類も多いので、他にはないオリジナル名刺を作成することができます。
さらに、激安な料金で作成致しておりますので、名刺作成のご依頼でしたらぜひ当店をご利用ください。