好印象で効果的な名刺製作のためのポイントとはについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

好印象で効果的な名刺製作のためのポイントとは

好印象で効果的な名刺製作のためのポイントとはcolumn

好印象で効果的な名刺製作のためのポイントとは

名刺裏面の有効活用


名刺を製作する際に、片面だけのシンプルな名刺も見やすくていいと思いますが、裏面を有効活用することで会社や人物の印象をより詳しく理解してもらうことができます。また、ビジネスを飛躍させることにもつながるかもしれません。
グローバル化が進むことで、日本企業にも多くの外国人が働いている上に、海外企業との取引も活発になっています。そのため、裏面が英語表記の名刺を作る企業も多くなってきています。裏面に英語表記をしておくことで、様々な国の人と円滑にコミュニケーションをとれるというメリットがあります。
会社の仕事内容をより詳しく知ってもらうよう、裏面に得意としている事業・業務内容や営業内容を、短い説明文付きで記載しておくと会社の印象を残すことにもつながります。会社を知ってもらうだけではなく、人物の人柄や仕事に対する姿勢を分かってもらうことも必要です。
裏面に写真や似顔絵付で経歴や趣味や特技、仕事への抱負などを短く記載することでコミュニケーションをとるきっかけにもなり得ますし、仕事を円滑に進めることに繋がると思います。
裏面をメモ欄にしておいて、面談内容や携帯番号などを記入してもらうようにすれば、思い出してもらえる確率も高くなり業績アップにもつながるかもしれません。
裏面に企業理念や会社概要、社長のメッセージや、主要顧客や提携先を記載したり、事業所の案内図を記載することも会社の信用度は格段に上がると言われています。商品やサービス内容を記載して広告のように活用することもいいでしょう。
名刺作製の際には会社や人物の印象をより良くするためにも、裏面を有効活用しましょう。

好印象を持たれる名刺とは


名刺は、身分を明らかにするためだけのツールではなく、スムーズにコミュニケーションをとるためにも必要不可欠なツールです。ビジネスでは人柄や営業内容をよく理解してもらい、業績アップにつなげることに必要になってくるツールです。名刺製作に関する必要な要素を押さえることで、1枚の名刺は、相手に好印象を与え、業績アップにつながる最強の営業ツールになります。
会社の名刺製作で一番必要なことは、どういう会社なのかをわかりやすく記載するということと、同時に人物像も分かりやすく記載するということでしょう。ただ、あまり色々記載し過ぎても読みにくくなり、良いイメージが残らなくなってしまいますので注意が必要です。
ただ分かりやすく書くというだけではなく、レイアウトや文字、色などのデザインで見やすく好感の持てる名刺にすることも可能です。色が与えるイメージによっても名刺の印象が違ってきます。会社のイメージカラーがあればその色を使ったり、商品のイメージや人物のイメージなどで色を決めていくことも好印象を与えやすいかもしれせん。色はあまり使い過ぎずに、3色程度がおすすめです。
連絡先は大きめの字で見やすくすることが重要です。一番使ってほしい電話番号を強調するようにするといいでしょう。
名刺は相手に渡すものですので、相手の立場に立って名刺製作をする必要があります。都道府県外の方のためにも、都道府県や郵便番号はしっかり記載をしましょう。名前にはふりがなをつけるようにすると、しっかり覚えてもらうことができるでしょう。情報を正確に伝えることが基本となるので、文字の大きさや書体、色の使い方、レイアウトの仕方をよく考えてストレスなく見てもらえるようにすることが重要です。

店舗によって違いがある


名刺発注の際には、お店によって様々な違いが出てくるものですので、それぞれのお店の特性を理解して、発注を行うようにすることが大切です。例えば、下記のような特性を持った名刺作成企業があるでしょう。
まず多いのが、テンプレートデザインを利用して名刺作成を行う企業です。バラエティに富んでいるテンプレートの中から、企業イメージに合っているものを選び、テンプレートに必要事項を記入して、名刺作成をしてもらうというタイプの企業です。こちらの場合は作成まで日数がかからない場所が多く、場合によっては数日、中には当日に印刷が完了するような企業もありますので、できるだけ早く、確実に名刺が欲しいという方は、こちらのタイプのお店を利用することをおすすめします。
次に多いのが、デザインを一から依頼者側が作り、印刷のみを受注してくれるという企業です。こだわりのデザインを利用した名刺を利用したい、名刺の紙はこのようなものを使いたいなど、とにかく名刺のデザインに自分でこだわりたいという方におすすめなのは、こちらのタイプです。中には、デザイン作成の際にも相談に乗ってくれる企業もありますが、場合によっては相談料が有料になるケースもありますので、事前に良く調べておく必要があります。
大きく分けて、このような二つの違いがありますので、名刺発注をする際には相手の企業にどこまでの範囲を行ってもらいたいのかなどをよく確認を行うように心がけましょう。確認を行わないと、名刺が納品されても、イメージと違うということに繋がる可能性があります。