名刺はどのような意味で渡す、また最近の管理方法についてについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

名刺はどのような意味で渡す、また最近の管理方法についてtrivia

名刺はどのような意味で渡す、また最近の管理方法について

名刺の意味について


初対面の時に名刺を渡すことがあるでしょう。その意味について説明をしていきます。そもそも名刺とは自己紹介をするためのカードです。基本は名前、所属、連絡先などを記載しているもので、これを渡すことで自己紹介をある程度完了したことになります。ただし、実際渡すときは名前などを名乗って渡すことが多く、よほど時間がない時以外なら名刺を渡しつつ自分で自己紹介をしていくでしょう。
カードの内容は最近では増えており、連絡先にメールアドレスを書く場合があります。ただし、これは必ず書かないといけないわけではありません。人によっては書かないで本当に知らせたい人だけに自分で書く場合があります。このとき、その場で書くのが面倒な場合は予め書いておくのが良いでしょう。また、企業によっては会社のホームページも記載されています。その際にQRコードを記載して、そこからホームページに飛んでもらうなどの方法で記載されていることもあります。また、人によっては自分のプロフィールをそこに載せている場合もあります。あとは、自分の写真を入れている人もいます。他にも様々なデザインの人が多いでしょう。
故に、昔よりも様々なカードが増えています。個性を出すことで相手に覚えやすくすることが出来ますが、注意して欲しいのがあまりにも内容が多いと、ごちゃごちゃし過ぎて見づらくなることがありますので、デザインの凝りすぎに注意しましょう。シンプルな方が好まれる場合もあります。特に名刺の活用方法としてそこに情報を追記する方法がありますので、それをする際にごちゃごちゃとされていると書きづらいので注意です。裏などのメモが出来るところを用意することを強くおすすめします。このようにデザインは現在様々なものになっています。あくまでも覚えてもらうためのカードですのでその点を間違えないようにしましょう。

もらってからの活用方法


もらってからそのまま保管をしている人が多い名刺ですが、これをしっかりと考えて活用するようにしてください。また、整理なども時には必要です。名刺は自己紹介カードです。詳細なことは書かれていませんが、それでも最低限度のことが書かれているものです。部署や連絡先、そして何よりもその人の名前が書かれています。ですから、もらったら保管をするのが普通です。
しかし多くの人、特に扱いを上手く出来ていない人のほとんどがただ保管しているだけの状態です。場合によっては保管しているケースから一度も出していないこともあります。そのような事にならないように活用してください。活用方法は幾つかあります。
例えば、良く会う人、会わない人、頻繁に連絡をしないといけない人、しなくても良い人などで分けることだけでも利用しやすいです。他にも取引などでメモとして使う事もできます。名刺は綺麗でなくてはいけないわけではないです。もちろん、汚せとは言いません。しかし、そのカードに書くことでよりその人のことを覚えていられるようになりますので、上手く利用するようにしてください。
ちなみに、最近は名刺を管理するための便利なツールもあります。それを使用することでより効率的に整頓することが出来るようになりますので、可能ならば上手く使うようにしてください。あと、整理はしっかりとしてください。明らかにもう会わないというカードは保存している意味がありません。年月が経過して他のところに転職している場合もありますので整理をするようにしてください。そして、良く連絡する人が転職などをする場合はしっかりともらっておくことをおすすめします。

最近の管理について


名刺ですがそのまま保管していると煩雑になりがちです。特に多くの人と会う、そして交換をするという人は年にかなりの数のカードが手元に来ます。正直非常に管理が難しくなるでしょう。そこで最近あるのがアプリによるカードの管理です。これを行うことで比較的簡単に管理することが出来ますし、カードの保管もそこまでしなくても良くなります。アプリを活用することで管理がとても楽になりますので活用する時に上手く利用するようにしてください。
方法は簡単です。カードを写真に撮れば終了になります。単純に画像として保存するだけでなく、細かな書き込みをすることが出来るものもありますので、従来のカードだけの管理よりもかなり良いと言えるでしょう。
ただし、このアプリを使用する上での注意として、データを作って満足してしまうという人が多発していることが挙げられます。データは後々見ないと意味がありません。故にデータを後ほど見る必要があります。そして上手く活用しないと意味が無いので注意です。せめて普段から電話などをする人やそうではない人を分けるなどをしてください。また、一定間隔で整理などをしないとごちゃごちゃになりますので注意です。間違っても適当な管理はしないようにしてください。
それからデータの移行時に注意です。パソコンや携帯電話にデータを置いているとそれを忘れてしまいせっかくのデータが無くなることがありますので注意です。バックアップなどもしっかりとしておきましょう。もちろん、データですのでセキュリティの方も万全に対策する必要があります。