名刺で使われている色が重要?色がその人の印象を付けるについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

名刺で使われている色が重要?色がその人の印象を付ける

名刺で使われている色が重要?色がその人の印象を付けるcolumn

名刺で使われている色が重要?色がその人の印象を付ける

受ける印象が重要になる


名刺は自己紹介を行うためのカードです。そのため初対面で渡すことがほとんどであり、初めて渡したカードがそのままその人の印象となることも多いでしょう。特にカードの色でその人の印象が決まることもあるので、名刺の色というのはかなり重要です。その印象はかなり後まで残るものであり、後々会って話したりすることで多少緩和されることもありますが、それでも第一印象としてはとても強く残ります。そこで、自分や会社を正しくアピールするためにも、配色をよく考えることが重要です。
人が色から受ける印象が完全に同じというわけではありません。人によっては多少印象が異なる場合があります。しかし、色が持つ雰囲気や印象というのは案外決まったところがあります。そのため、どのような印象を渡した相手に与えたいかを考えて、選定を行うようにしてください。ただし、明らかに自分の印象と異なる色を使用すると、印象づけが難しくなります。その場合は自分の服装に合わせた色を選ぶと、一つの目安となるでしょう。中には白黒のカードなどもありますが、そのようなどこにでもあるような配色のものでは、印象が薄いものとなり、相手が自分を覚えてくれない可能性があります。そのため、相手の印象に残るよう、なるべく白や黒は避けて使うようにしてください。
ちなみに、大きな印象を付けようと、無駄に色をたくさん使ったり、派手すぎるものを使ったりするのは良くないので注意が必要です。挿絵を入れるなど、さりげなく印象づける方法を探るとよいでしょう。
このような点をよく考えて名刺を制作すると、よい第一印象を与えられる上に、相手に覚えてもらいやすくなります。逆に、下手なものを作ると印象が悪くなってしまうことがあるので気を付けなければなりません。印象をできるだけ良いものにすることができて、なおかつ自分や会社のことをしっかり覚えてもらうものにするようにしましょう。

相手から受ける印象


先述したように、色から受ける印象というものが果たす役割は大きく、名刺を作る際にも色をよく考えてから製作を行う必要があります。使用する色の例としては、赤があります。これは興奮のカラーであり、情熱、元気などの印象をもたらします。そのため、そのような印象を付けたい場合は赤を使用すると良いでしょう。他にも、緑は自然、安心、癒やしといった印象を与えます。このようにカラーによって与える印象は様々です。
そして、定番の白と黒(白背景に黒文字)は、定番になりすぎてあまり印象を与えられないものとなっています。だからといって、華美なものが良いかというとそうではないので注意をしなければなりません。特に、高齢である人に下手に派手な名刺を渡すのは避けるようにしましょう。とても印象が悪くなる場合があります。このように必ずしも狙った印象を相手に与えることができるとは限らないことは留意しておきましょう。
また、先程ふれたように、背景と文字のカラーの組み合わせも重要です。まず、絶対に避けなければならないのが、全体的に見ても見づらいデザインです。例えば赤背景にオレンジ文字では、文面が全く見ません。やり方次第では見える場合もありますが、基本的にあまり良くない組み合わせです。このように、組み合わせ次第では、伝えたいことが全く伝わらず印象を悪くすることがありますので注意をしましょう。もし組み合わせに悩んでいる場合は、他の人に見せてみて、意見を聞くとよいでしょう。それから、わかりにくい部分などがある場合は作り直すようにします。
制作した名刺が原因で取引が失敗するということもあり得ます。それほど色というのは重要な要素です。印象付けることを考えるのも大事ですが、見づらくなる組み合わせは避けるようにしましょう。

見直すことで印象アップ


名刺の印象というのはかなり重要で、一度ついた印象を変えるのは非常に難しいものです。名刺はほぼその人の第一印象と言っても良いものです。特に初対面同士ですと、特に第一印象が重要ですから注意が必要です。
ビジネス上で取引などがどうしても上手くいかないという場合は、名刺を思い切って変更してみると、案外円滑な仕事につながるということがあります。前に使っていたものよりもわかりやすく、かつ相手の印象に残るものへ変更することをおすすめします。特にピリピリした空気などを名刺一枚で解決できる場合もありますので、デザインについてもよく練り直してみましょう。好感度が上がれば、会社同士の関係が良くなる場合もあります。
ただし、あくまでも自己紹介をするものですから、羽目を外しすぎないよう気を付けましょう。自分では面白い、可愛いと思っていても、もらった方としては印象がよくない場合もあるので注意しなければなりません。あくまでも真面目に、そして良いものを用意するようにしてください。そうすることで、様々な交渉や、これからの人間関係を良くすることができるでしょう。