ビジネス名刺を作成するポイントとメリットについてについて

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

ビジネス名刺を作成するポイントとメリットについてtrivia

ビジネス名刺を作成するポイントとメリットについて

ビジネスにおける名刺の役割


名刺とは自分の名前を紹介し、会社名・所属・電話番号などを記載して、得意先や営業先に渡すものです。規模の大きい会社が相手先であれば、多くの人と会うことになります。そのような機会に名刺が役に立ちます。名刺は自分を知ってもらえる一番簡単な手段です。名刺は直接相手に伝えることができて、必ず受け取ってもらえる広告ともいえます。デジタル化やペーパーレス化が進んでいる現代においても、ビジネスの現場では紙の名刺を交換するという習慣が根強く残っています。ビジネスマンにとって名刺は初対面の相手と交流するための手段の一つで、無くてはならないものです。
名刺の目的はただ連絡先を交換するだけではありません。名刺にはある程度の社会的信用を保証する身分証明書のような役割があります。企業ロゴと部署名や肩書きの書かれた名刺を交換することで社会的信用が得られ、大事なビジネスの話ができます。また、名刺は企業間のつながりを認識できるものでもあります。会社として名刺を交換した事実があることで、まったく会ったことのない相手でも「以前、御社の方と会ったことがあります」というだけで話がしやすくなります。普段何気なく行っている名刺交換ですが、信頼関係を築く上で大きな役割を担っています。
名刺を配る目的は名前と顔を覚えてもらうため、仕事を円滑にするため、ブログやホームページを見てもらうためなど様々ですが、どのような目的で名刺を配るかによって、どのような名刺を作るのかというのは変わってきます。名刺には人柄が出るため、できるビジネスマンは名刺にも気を配っています。名刺は渡した後に仕事に繋がることが重要ですので、なるべく他の人と差別化を図るために似顔絵を載せたり、色をつけたりといった工夫をしています。

効果的なビジネス名刺作成のポイント


名刺交換はビジネスチャンスを広げる大事な機会です。名刺は自分や会社の印象を左右するものなので、相手に良い印象が残るものを作成しましょう。ここでは効果的なビジネス名刺を作成するポイントを紹介します。
名刺入れに入れたり、名刺ファイルに保管することが多いので、定型の55mm×91mmのサイズにすることがマナーに沿ったビジネス名刺となります。厚さも標準のものにしましょう。欲張って多くの情報を名刺に詰め込みすぎると逆に見にくくなるので、受け取った人が読み辛くならないように整理して、作成する必要があります。
名刺のなかに入れるべき必須項目としては、名前、会社名、部署名、肩書き、住所、電話番号、ホームページのアドレスなどがあります。必要に応じて、ホームページのQRコードや過去の実績、事業内容などを入れても良いでしょう。営業職やサービス業の場合は顔写真を入れることもあります。肩書きには技術や資格を表す言葉を使います。キャッチコピーなどを入れるとより印象に残る名刺になりますが、スペースが限られているのでビジネス上必要な情報を整理し、場合によっては裏面を使用するとよいでしょう。
ビジネス名刺のデザインは、誠実な感じや親しみやすい感じなど顧客や取引先に持ってもらいたいイメージを考慮して決めていきます。他社の名刺を参考にしても良いですし、インターネット上で名刺のサンプルを見ることもできます。デザインを工夫する際に注意しなければならないのは、読みやすさを重視するということです。ビジネス名刺の場合、受け取る人の中には小さい文字が読み辛い人もいます。白地に黒の文字で、はっきりした書体で書くほうが読みやすくなります。

業者にビジネス名刺作成を依頼するメリット


名刺を作るときには自宅のパソコンを利用して作る方法と、専門の業者に依頼する方法があります。自宅で作るためには、自分でパソコンとプリンタの用紙設定をしたり、専用の作成ソフトをダウンロードしたりといった手間がかかります。また、自作ではデザインや紙の種類に限界がありますので、名刺作成のプロにまかせることをおすすめします。ここでは業者にビジネス名刺作成を依頼するメリットについて説明します。
1つ目のメリットは、レイアウトデザインを請け負ってくれることです。名刺のイメージは、氏名や社名、連絡先などの文字をどこに配置するかによって大きく変わります。プロのデザイナーは沢山のデザインを手がけているので、自分では思いつかないような素晴らしいデザインを提案してくれます。
2つ目のメリットは、紙の種類が豊富でプロならではの印刷をしてくれることです。名刺の素材となる紙は上質紙、マットコート、和紙素材など様々です。多くの用紙を取り揃えている専門の業者では、多種多様な素材から選ぶことができます。自宅のプリンタだと色の出方や光沢が思い通りに出ないこともありますが、業者に依頼すれば専門の印刷機を使用していますし、知識や経験も豊富なので納得のいく品質で印刷をしてもらえます。また、印刷にかける時間も節約することができるでしょう。
3つ目のメリットは、価格を安くおさえることができることです。業者に頼むと高いので手が出せないと思っている方も多いと思いますが、最近では低価格で名刺を作成してくれる業者もいます。自宅でプリンターを使用して印刷した場合のインクや紙の費用とくらべてみて、大きな差がなければ依頼してみると良いでしょう。その方が効率的な場合もあります。