受け取り方だけではない大事な名刺の置き方について

お電話でのお問合せはこちら

06-6136-7412

  • 新規会員登録
  • サンプル請求
  • カートを確認

名刺サイズから注文する

筋入れ加工を注文する

台紙持込をご希望の方

使い方色々【異種面付】

営業カレンダー

営業時間

平日10:00 - 17:00

定休日

土・日・祝

その他の休業日につきましては、随時サイトにてご案内いたします。

スピード対応!迅速丁寧な、名刺印刷のお話

スピード対応!迅速丁寧な、名刺印刷のお話

スピード対応!迅速丁寧な、名刺印刷のお話

どのように作られる?



ビジネスシーンでは欠かせない名刺は、常に何枚か持っていていつでもどこでも交換できる、渡せる、というのがビジネスの常識です。常に持ち歩き活用している人の中でもよくある事ですが、予想外の場所で沢山配る事になったというシチュエーションが意外に多いのです。前述したとおりに、常に何枚か持ち歩いていなければならないものです。ですから、名刺を切らしてしまうという事は避けたいと思う人がとても多いものなのです。では、名刺とは一体どのように作られるのでしょうか?

一般的には、印刷業者に発注して印刷してもらうケースが多いものです。ですが、印刷業者に頼んだ場合の発注から手元に届くまでの期間はいったいどれ位かかるのでしょう?常に持ち歩きたい名刺を切らしてしまった時に、1週間も待つことはできない!と思う人も多くいるのが現状です。ですが現在、スピード対応してくれるスピード対応サービスが登場し、多くの人から喜ばれているのです。

このスピード対応サービスは、どのようなものを印刷するか、というデータを不備のない状態で入稿し、決済が終わればその日の内に印刷し、仕上げて発送をしてくれるサービスです。もしも入稿の時間が遅かった場合でも、スピード対応の場合は翌日には発送してくれるので、手元に届くまでは早くて入稿、決済の後から2日間です。ビジネスシーンにおいて、欠かすことのできない名刺ですが、この名刺を切らしてしまってもすぐに発注し、手元に届くスピード対応は素晴らしいものです。もちろん、それぞれ加工やサイズや所在地などによって多少、手元に届くまで時間にズレは生じることはありますが、このスピード対応はとても便利で、ありがたいサービスであると言えるでしょう。



デザインについて



いまや働いている誰もが持っていると言っても過言ではない名刺は、最近ではスピード対応と呼ばれる、発注から手元に届くまでが最短で3日、というとても便利なスピード対応サービスも行われているほどです。では、名刺と言われると、どのような物を想像するでしょうか?

一般的には、手のひらサイズの白い紙に、名前や住所、会社名、電話番号などが記入されている簡素なカードを思い浮かべる人が大半です。ですが、現在ではデザインに凝ったものが多数存在しており、貰った時に渡した相手に少し違った印象を与える、覚えてもらえるようにデザインされたものが流行っているのです。デザインといっても、派手なものから落ち着いた印象のものまでさまざまあります。

例えば、角丸と言われている加工は真四角のカードの端を丸くするものです。この角丸を施した場合、受け取った印象がとても柔らかくなります。人気の加工法の中に、箔押しと呼ばれるものや、エンボス、デボスと呼ばれるものもあります。箔押しはその名の通り、メタリックカラーでロゴや文字を捺すものです。エンボス、デボス加工は凹凸により印象を変えるものですが、これらはデザイン性に富んでいるが派手すぎない、高級感やエレガントな印象を与えるのでどのような場面で渡しても好印象を与えることが出来ます。

他にも、点字加工と呼ばれる文字を点字で表記する加工や耐水の為のラミネート加工など、さまざまな加工を施す事ができるのです。これらの加工は、日々沢山のやりとりをされる名刺の中から選んでもらえる印象を与える事ができるものもあります。



どんな色がよい?



ビジネスシーンに欠かす事の出来ないアイテム、名刺は沢山の種類があります。今では名前や住所が書かれているだけでなく細かいデザインの施されているものなど、バリエーションに富んだものになっています。ですが自身でデザインを決めようとした時に、デザイン性に富んだ物を選ぼうと思っていても、結局は一般的なものを選んでしまうというケースがとても多いのも事実です。では、名刺を作る際のデザインを考える時にどのような色を選べばいいのでしょうか?

色というものには、ひと目見た時に印象を与える力があるのです。相手に与えたい印象のカラーを使用したデザインを選ぶことでアピールする事もできるので、デザインにこだわったものを作るという意味も含めてとてもおすすめの方法となります。会社にイメージカラーがあるのであれば、その色をまず最優先するべきですが、それがない場合は、色が固有で持つイメージで選ぶと良いでしょう。

例えば赤色はアクティブなイメージ、力強さなどを表します。食欲を促進する効果も持つ色ですので、食品を扱う企業の場合でもおすすめです。青は清潔感や信頼感、落ち着いた印象を与える色で、どのような職種にも使える色なので、ポイントとして覚えておきましょう。緑は安全や癒やし、エコなどのイメージを促進します。安全で信頼できるイメージを持つので、介護や工事関係の仕事をしている方におすすめです。

このように、デザインで迷った際は相手にどのような印象を持ってほしいか、という点を考慮して考えていくと効果的となります。


個性的な名刺作成なら  【名刺ミシン目加工】